SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通と電通グループ7社、地域経済の活性化を目的とした「地域のためのEC研究所」を発足

 電通と北海道から沖縄までの国内電通グループ7社は、地域の自治体や事業者に対して、地方特産品などの販売におけるEC活用を促進し、経済効果を創出することを目的とした共創型の研究プロジェクト「地域のためのEC研究所」を発足した。

 同研究所では、電通および全国の国内電通グループ各社が、自治体や地域事業者、ECプラットフォーマー・ECコンサルタントとともに取り組んできた事例や知見から、ECにおける生活者の地方特産品の購買行動・市場・事例などを研究。研究結果をセミナーや情報サイト「自治体DX白書.com」などを通じて情報発信していく。

 また各地方特産品に合わせた販売戦略立案や、ECにおける地域事業者支援のプランニング、ECでの地方特産品販売をフックとした地域のPR・ブランディングや観光客誘致などにより、地域経済を活性化させるための支援も実施する。

 活動の第1弾としてECに関する生活者調査の分析結果の発表や、ECプラットフォーマーなどとのパネルディスカッション、自治体での事例の共有などを行う、自治体向けセミナーの開催を予定している。

【関連記事】
映像制作時の廃棄資材と人員の削減に貢献 電通クリエーティブXらが「メタバース プロダクション」を発足
電通のPeople Driven DMP、ブレインパッドRtoasterと連携 精緻な顧客分析を実現
電通メディカルらが「Medical Tribune × Twitter」の提供へ 記事広告などを制作
電通と電通デジタル、CX領域のクリエイター集団「CX Creative Studio」を設立
電通と電通デジタル、統合マーケティングダッシュボード「MIERO」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2021/12/10 18:00 https://markezine.jp/article/detail/37943

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング