SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

GMO NIKKO、ファンベースマーケティングをNFTで支援するサービスの提供を開始

 マーケティング支援事業を展開するGMO NIKKOは、メタバース関連ビジネスをサポートする「GMOメタバース ラボ」において、「NFTプロデュース byGMO」の提供を開始した。同サービスは、一般企業やクリエイター・インフルエンサー・アスリートなどのIP・コンテンツホルダーに対して、NFTを活用したファンベースマーケティングを支援する。

 具体的には、ストーリー設計(NFTを活用する目的)からユーティリティ立案(NFTを保有したファンへの特典)、ロードマップ作成(NFTをベースにした中長期的な計画)、コンテンツ制作(NFTアイテムとなるデジタルデータ)、プロモーション・コミュニティ、暗号資産(仮想通貨)保有までを支援。

 また、GMOアダムが展開するNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」との直接連携により、Adam byGMOでのNFT活用の企画から販売までをワンストップで支援することも可能だ。なおAdam byGMO以外にも、海外を含めた各種NFTマーケットプレイス・プラットフォームも取り扱う。

【関連記事】
GMO NIKKO、「GMOメタバース ラボ」を発足 メタバース関連ビジネスを支援
GMO NIKKO、メタバース空間でのバーチャル店舗出店・運営を支援するサービスを開始
サイカとGMO NIKKOが業務提携 企業のオン/オフ統合マーケティングの一貫した支援へ
GMO NIKKO、アフィリエイト広告向けの「ブランドセーフティURL判定サービス」を提供
GMO NIKKOがAIを活用したブランドセーフティとアフィリエイト広告の各サービスを統合、提供開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/24 17:15 https://markezine.jp/article/detail/40372

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング