SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通とドリームインキュベータ、事業変革の促進プログラムを開始 新規参入・拡大・デザインの3領域で支援

 電通はドリームインキュベータと共同で、ビジネストランスフォメーション促進を支援する「ビジネスプロデュース・サポート・プログラム」の提供を開始した。

 同プログラムは、事業の川上から川下まで、BtoB・BtoCから「B2B2S(Business to Business to Society)」までのトランスフォメーションを、3つの「E」領域で支援。

 3つの「E」領域とは、 Entry・Expansion・Evolution を指す。具体的にEntry(市場参入の支援)は、電通の生活者インサイト視点・ブランディング視点でのビジネス開発と、ドリームインキュベータの持つコンサルティングノウハウおよびサービスを提供する。

 続いて Expansion(現地事業の拡大)は、新しい視点・手法による非連続な成長・事業拡大に向け、電通のコト発想・クリエイティブ発想のビジネス開発、異質なパートナーとの掛け合わせを提供し、事業戦略を提案。

 そしてEvolution(Sustainability Transformationのデザイン)では、 その国のありたき未来から逆算した企業の価値設定、技術にアイデアを掛け合わせたソリューションを提供。社会課題に根差した中長期スパンの新規事業をデザインし、ビジネストランスフォメーション促進を支援していく。

 同サービスは、第一弾として日本企業のニーズが高いASEAN市場(ベトナム・インドネシア・タイ・マレーシア・フィリピン・シンガポール)からサービスを開始。順次その地域を広げていく予定だ。

【関連記事】
電通とドリームインキュベータ、 R&D部門の変革を支援する「R&Dトランスフォーメーション」提供開始
電通、「みんなのイベント・ガイドライン」を一般公開
電通グループの横断組織「CX Creative Studio」、CX鳥瞰ワークショップを提供へ
電通とデータアーティスト、AIで効果的なテレビ広告枠の運用を行うサービスを開始
電通ら3社、コネクテッドTVの動画広告におけるターゲティング配信・分析サービスを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/24 17:00 https://markezine.jp/article/detail/40373

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング