SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

富士通と川崎市が実証実験を開始 スマホアプリを活用し、脱炭素社会の実現に向けた行動変容を促す

 富士通と川崎市は2022年10月31日(月)から2023年3月31日(金)まで、川崎市の居住者や在勤者を対象に、脱炭素社会の実現に向けた行動変容を促す実証実験を行う。

実証実験の流れ

 本実験では、環境関連のキャンペーン・イベントへの参加やコンテンツ視聴などの行動に対して、協力事業者(※)が提供するクーポンやサービス、アクティビティに交換可能なポイントを付与。これにより、市民や事業者の脱炭素社会に向けた自発的な行動に与える影響度合いを検証する。

※小田急電鉄、サントリーホールディングス、東急、東京ガスネットワーク、日産自動車など

 富士通が開発したスマホアプリを活用し、参加者の属性や嗜好、実証実験中の行動履歴を基に最適なキャンペーンやイベント情報をレコメンド。貯まったポイントをスコア化したランキングや、各参加者が投稿する日記も表示することで参加者同士が一体となって行動変容するよう促す。

【関連記事】
東急、東急百貨店、NTT東日本が合同で映像×AIの販売支援に関する実証実験を開始
セガ エックスディーとJR東日本、 ゲームの要素を活用し、顧客体験を向上させる実証実験を開始
リテールデジタルソリューションズ、ビッグデータ活用し食のトレンド商品を提案するサービスの実証実験開始
博報堂、ファミリーマートにて「クロスモーダル知覚」を使った映像の実証実験を開始
QVCジャパン、アパレルのデジタルプロモーションの実証実験を開始 3DCG技術で試着イメージを提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/31 18:00 https://markezine.jp/article/detail/40464

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング