SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

マーケターの本棚

鋤柄直哉さんに聞く、「マーケターにおすすめの書籍」と「情報収集の仕方」

 第一線で活躍する業界キーパーソンたちは、日々どのように情報収集を行っているのだろうか。普段あまり明かされることがない「マーケターの本棚」を覗かせてもらう本連載。今回は、メルカリのマーケティング責任者を経て独立し、現在はLayerXでバクラク事業部のマーケティングマネージャーとしてマーケティング領域全般を統括している鋤柄直哉氏に、マーケターにおすすめの2冊と、日々の情報収集の仕方、座右の銘を聞いた。

Q1.最近、いちばん感銘を受けた書籍とその理由は?

株式会社LayerX バララク事業部 マーケティンググループ マネージャー 鋤柄直哉氏 株式会社ボルテージにてアプリ領域におけるデジタルマーケティングを経験したのち、株式会社メルカリにマーケティング担当の1人目として入社。マーケティングマネージャーとしてオフラインマーケティング、デジタルマーケティング、CRM施策を統括。メルカリの上場を機に退職し、株式会社Peecanを立ち上げ、事業会社のマーケティング活動を支援。2022年6月に支援先でもあった株式会社LayerXに入社し、バクラク事業部マーケティンググループのマネージャーとしてマーケティング領域全般を統括。
株式会社LayerX バララク事業部 マーケティンググループ マネージャー 鋤柄直哉氏
株式会社ボルテージにてアプリ領域におけるデジタルマーケティングを経験したのち、株式会社メルカリにマーケティング担当の1人目として入社。マーケティングマネージャーとしてオフラインマーケティング、デジタルマーケティング、CRM施策を統括。メルカリの上場を機に退職し、株式会社Peecanを立ち上げ、事業会社のマーケティング活動を支援。2022年6月に支援先でもあった株式会社LayerXに入社し、バクラク事業部マーケティンググループのマネージャーとしてマーケティング領域全般を統括。

 『キリンを作った男 マーケティングの天才・前田仁の生涯』です。大手企業の中で、マーケターとして波瀾万丈な人生を歩まれていく様子は小説を読んでいるようで、読み物として単純におもしろかったのであっという間に読み終えてしまいました。一番搾りで大ヒットを記録したにも関わらず、まさかのワイン部門に異動させられてしまい、その後ビール部門に復帰するやいなや再びヒット商品を開発される様子は、「日本のスティーブ・ジョブズ」と言えるように感じました。

『キリンを作った男 マーケティングの天才・前田仁の生涯』永井 隆著/プレジデント社/2022年刊

 同じマーケター/ビジネスパーソンとして感銘を受けたという意味では、とにかくピュアに「マーケターとして売れる商品を作りたい」という思いで仕事に向き合われている姿勢です。社内政治や派閥争いなどが起こる中で、市場や時代の流れに向き合い、どんな商品を作ればヒットするのかという顧客価値を突き詰めていく姿勢は、どんな時代であっても変わらず必要なことなんだと感じました。

 前田氏のやり方は、マーケティングの基本に沿ったものです。顧客になり得るターゲットを徹底的に分析して絞り込み、顧客にとっての価値を、製品を通じて提供していくことを追求しているようにみえます。この姿勢から、どんな時も基本に立ち返って考えていくことの重要性を改めて認識させられました。

Q2.「マーケターならこれを読むべし!」という書籍とその理由は?

 小霜和也さんの『ここらで広告コピーの本当の話をします。』です。これは私がメルカリ入社直後にテレビCMキャンペーンに担当者として携わることが決まった際、色々な書籍を読んで勉強していた中で出会った一冊です。CM制作未経験だったので、広告代理店で働いていた知人や、事業会社でマーケティングを担当されていた先輩などから話を聞きましたが、それと同じくらい、プロジェクトを進める上で参考にさせてもらった書籍でした。

『ここらで広告コピーの本当の話をします。』小霜 和也著/宣伝会議/2014年刊

 タイトルの通り、広告のコピーライティングに関する書籍なのですが、コピーライターを目指している人だけに向けて書かれているのではなく、マーケティング・広告の役割や、テレビCMでどうすれば商品の魅力を伝えられるのかなど、日々の業務面でもとても役に立つことが多かったです。

 実際にメルカリでテレビCM関連の業務をしている際に、この書籍から学んだことを意識しながら進めた部分も多かったので、まだ読んだことがないマーケターの方がいれば、読んでいただきたい一冊です。ちなみに小霜和也さんは他にもいくつか著書がありますが、どれも読むと新しい発見があり参考になるものばかりですので、それらも合わせて読んでいただくとより理解度が上がるかと思いますのでおすすめです。

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!MarkeZineプレミアム

詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。

次のページ
Q3.日々の情報収集、どのように行っていますか?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
マーケターの本棚連載記事一覧

もっと読む

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/18 09:30 https://markezine.jp/article/detail/40573

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング