SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

イー・ガーディアン、「SNS流行語大賞2022」ノミネートワード発表!漫画やテレビドラマ等30ワード

 イー・ガーディアンは、Twitter上で2022年頻繁に使用されたフレーズを調査し、「SNS流行語大賞2022」(2022年1月1日~2022年11月7日)のノミネートワードを発表した。

SNS流行語2022 ノミネート語
SNS流行語2022 ノミネート語

 同大賞は、日々のソーシャルリスニングで蓄積したデータをベースに、その年Twitter上で広くつぶやかれたワードを独自で調査し、最も多く投稿された(バズった)ワードを決めるもの。2022年度は30ワードがノミネートされた。

 2022年度は「#全部大泉のせい」「#silent」「#ちむどんどん」といったテレビドラマ関連のトレンドワードが昨年に引き続きノミネートされた。

 また、「○○ってコト!?(ちいかわ)」「わかんないッピ(タコピーの原罪)」「アーニャ語(SPY×FAMILY)」といった人気ゲーム・漫画コンテンツもTwitter上で話題になりノミネート。

 話題のワードをきっかけにした会話の盛り上がりや、テレビ・漫画発祥の「○○って○○あんねん」「○○、私の好きな言葉です」のような誰でも使いやすいフレーズが「○○構文化」して広がっていくSNS特有の傾向は年々強まっている。

 そのほか、平成の流行を知らないZ世代を中心とした平成リバイバルブームの広まりとして「平成レトロ」「ギャルピース」や、各社が取り入れるサステナブルな取り組みの「紙ストロー」など多ジャンルから多彩なワードがノミネートされている。

 なお11月下旬にノミネートワードから今年のSNS流行語大賞が発表される予定。本発表時には、アニメ・ゲーム、モノなどカテゴリー分けした部門ごとのランキングも併せて発表される。

【関連記事】
Z世代の購買プロセスは回遊型へ SHIBUYA109 lab.とCCCMK共同調査
Z世代がこの1年でよく買うようになったもの、1位は「推しグッズ」【LINE調査】
就活生の約9割、「企業や商品のイメージが良くなったことがある」【Z世代就活生調査2022】 
Twitter、動画・画像・GIFを1つのツイートにまとめる機能をリリース
若者の流行、ONE PIECEが1位!Splatoon・Ado・旅行が急上昇【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/16 19:01 https://markezine.jp/article/detail/40597

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング