SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

若者の流行、ONE PIECEが1位!Splatoon・Ado・旅行が急上昇【LINEリサーチ調査】

 LINEリサーチは、全国の15~24歳の男女を対象にした「若年流行調査」2022年9月の調査結果を発表した。

 以下、一部内容を紹介する。

総合ランキングトップは「ONE PIECE」 その他注目のワードは?

 2022年9月期の流行調査は、「ONE PIECE」が総合1位となった。また、同作品の劇場版シリーズ最新作「ONE PIECE FILM RED」も4位にランクインした。

 2位は前回(2022年6月)の調査と同様に「TikTok」が、3位はNintendo Switchの「Splatoonシリーズ」と続いた。

歌手・アイドル・ゲームタイトルがずらり!「旅行」もランクイン

 11位以降には、「Snow Man」「BTS」「TWICE」「Ado」「SixTONES」など歌手やアイドルが多数ランクインする結果となった。特に「Ado」は、前回の323位から28位へと急上昇した。

 ゲームタイトルでは「原神」「Apex Legends」「ウマ娘 プリティーダービー」「モンスターストライク」「ポケットモンスター/ポケモン」がランクインした。このほか、テレビアニメ「リコリス・リコイル」が18位に急浮上し、26位には「旅行」が入った。

男性は「ONE PIECE」が首位、女性は「TikTok」「なにわ男子」に注目

 続いて、性年代別に流行を調査した。その結果、男性はすべての年齢層で「ONE PIECE」が1位にランクインし、年齢が若いほど割合が高くなった。さらに、「Splatoonシリーズ」もすべての年齢層で3位以内に入る結果となった。

 一方、女性はすべての年齢層で「TikTok」が3位以内となり、特に19~22歳は1位だった。「なにわ男子」も女性はすべての年代で5位以内にランクインし、23~24歳では1位となった。

クリックして拡大
クリックして拡大
クリックして拡大

【調査概要】
調査対象:日本全国の15歳~24歳の男女
調査方法:LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査時期:2022年9月1日(木)~9月5日(月)
有効回収数:4,733サンプル(回収比率は、男性の15~18歳:19~22歳:23~24歳:女性の15~18歳:19~22歳:23~24歳が2:2:1:2:2:1)

【関連記事】
2022年上半期の若者トレンド、男女ともに「SPY×FAMILY」が急上昇【LINEリサーチ調査】
流行しそうな食べもの、女子高生は「韓国ワッフル」男子高生は「フルーツ大福」が1位【LINEリサーチ】
10代では約7割、20代では6割超がYouTubeをほぼ毎日見ていると回答【LINEリサーチ】
日本の政治に興味がある高校生は6割超/興味を持ったきっかけトップは「テレビ」【LINEリサーチ調査】
新大学生・新社会人の自由時間の過ごし方、男性は「ゲーム」、女性は「SNS」が1位【LINEリサーチ】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/10/21 13:15 https://markezine.jp/article/detail/40348

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング