SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Pontaを運営するロイヤリティ マーケティング、阪急百貨店を手掛けるH2Oとデータ分野で協業

 阪急阪神百貨店・イズミヤ・阪急オアシスなどを展開するエイチ・ツー・オー リテイリング(以下、H2O)と、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営するロイヤリティ マーケティング(以下、LM)は、2022年11月下旬よりデータマーケティングにおける協業を発表した。

 具体的な協業内容として、まずH2Oの百貨店・スーパーマーケットにおける購買データや顧客サービス事業で得られる行動データを基に、顧客ニーズを分析。LMのコネクテッドメディアをはじめSNS・動画・ディスプレイ広告などを用いて、メディア広告配信および効果検証を行う。

 またLMのビッグデータ分析におけるノウハウを活用して、H2Oの百貨店・スーパーマーケットの購買データやアプリの行動データを分析。ニーズや顧客像の分析と明確化を図る。加えて、H2Oのアナリティクス力強化とデータマーケティング推進に向け、LMはデータアナリストの育成を支援する。

 なおLMは、H2Oが開発を進める行動データを活用しBtoBでのマネタイズを図るプラットフォーム事業の支援も行っていく。

【関連記事】
ロイヤリティ マーケティングらがECサイト「買っトク!Ponta」を開設 余剰在庫を販売しロス軽減へ
ロイヤリティ マーケティングが「イイコト応援プロジェクト」を開始 ユーザーの投票数に応じて寄付を実施
3D映像のポンタが通行人にリアクション ロイヤリティ マーケティングがサイネージを活用した施策実施へ
ロイヤリティ マーケティング、SNS利用状況に関する調査データを活用したサービスの提供開始
ロイヤリティ マーケティング、ペルソナマーケティング支援サービス「PERSONA+」を提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/11/21 15:00 https://markezine.jp/article/detail/40634

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング