SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

プットメニューと凸版印刷、モバイルオーダーアプリで個店単位の電子マネーを発行 店舗独自施策を容易に

 プットメニューと凸版印刷は、マルチロケーションモバイルオーダー「Putmenu」アプリからデジタルで発行できるハウスプリペイドカード「Putmenuプリペイド」を開発。2022年12月下旬から提供を開始する。同アプリに凸版印刷が提供する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を連携し、個店単位でハウス電子マネーを発行することが可能になる。

サービス概要
サービス概要

 Putmenプリペイドは、利用者がアプリ内で発行できる発行店舗のみ利用可能なハウス電子マネーで、物理的なプリペイドカードを必要とせず、専用のシステムや機器の導入が不要。また、ハウスプリペイドの発行に必要な情報をすべてデジタルで管理するため、データ活用や優待特典の付与などができる。

 これにより発行したユーザーを対象に集客施策が可能となる。また、チャージされた金額を前払金として確保できるため、継続的な資金調達につながる。

 まずは「Putmenu」アプリ内のモバイルオーダー機能で決算手段として提供し、今後はコード決済にも対応し、店内飲食の決済も「Putmenuプリペイド」で支払いできるようにする予定。

 両社は、同サービスを通じてこれまで導入ハードルが高かった小規模な個店単位でのハウスプリペイドカードの発行や店舗独自に割引や優遇特典付与などを容易にし、「Putmenu」の主要な導入先である飲食店の支援を行っていく。

【関連記事】
キャッシュレス決済利用最多はクレジットカード/選ぶ決め手は「ポイント」【NTTコムオンライン調査】
三井住友カード、広告配信サービス「stera ads」提供 決済端末を活用し店頭プロモーション可能に
クロネコメンバーズ向けスマホ決済サービス「にゃんPay」登場 運賃割引・ちょうどチャージでより便利に
シニアのスマホライフ実態、「スマホが生活に必要」8割/キャッシュレス決済の利用は7割超【電通調査】
凸版印刷、カード決済と連動した店舗集客施策を実現する「トッパンCLOサービス」の試験提供へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/09 10:00 https://markezine.jp/article/detail/40785

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング