SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

PRアワードグランプリ2022が決定!富山県朝日町・博報堂のマイカー乗り合い交通の取り組みが受賞

 日本パブリックリレーションズ協会は「PRアワードグランプリ2022」の受賞者を発表。富山県朝日町と博報堂の「共助×共創による、これからの公共サービスの実現~マイカー乗り合い交通『ノッカル』挑戦の3年~」をグランプリに選出した。

 2022年は「パーパス(社会的存在意義)、自分(たち)らしさ、巻き込む力」の3つの視座で選出。同アワードの審査員長を務める本田哲也氏は、「グランプリに輝きました取り組みでは、富山県朝日町の現代日本を象徴する社会課題に対し博報堂らしい『生活者発想』が発揮された事業開発であり、地域住民はもとより既存の交通事業者などマルチステークホルダーの巻き込みも成されていました」とコメントした。

 なお、以下3件がゴールドを受賞したほか、3件がシルバー、8件がブロンズを受賞した。

クックパッド ウクライナ人道支援 「#powerofcooking 私たちは料理でつながろう」プロジェクト(クックパッド)
あらゆる人の“したい暮らし”を実現する「FRIENDLY DOOR」プロジェクト(LIFULL)
社長のおごり自販機 PR(サントリー食品インターナショナル)

【関連記事】
「PRアワードグランプリ2020」グランプリにダイキン工業と井之上パブリックリレーションズが選出
博報堂、女性の健康課題視点で企業の事業構想を支援するプログラム提供へ
博報堂、企業・ブランドのコミュニティマーケティングを支援する診断プログラムの提供を開始
博報堂と三井物産、渋谷エリアの市民共創まちづくりサービスの本格なテスト運用開始
電通九州と電通PRによる熊本県PRプロジェクト、 「世界のベストPRプログラム50選」に選出

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/12 15:15 https://markezine.jp/article/detail/40792

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング