SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第95号(2023年11月号)
特集『「知らなかった」では済まされない、法規制とマーケティング』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ジャパンネットワークら、従業員の脱炭素アクションを促し、PRにつなげるソリューションの開発へ

 電通ジャパンネットワーク(以下、DJN)と電通国際情報サービスは、従業員一人ひとりの脱炭素アクションを企業PRにつなげる環境配慮型ソリューションの開発に着手。2023年に正式ローンチする予定だ。

従業員の脱炭素アクションをまとめたPRコンテンツのイメージ

 両社は電通国際情報サービスが提供する「DayTree(仮称)」のβ版を基にソリューションを開発。DayTreeとは、脱炭素に関する教育コンテンツの配信機能と、従業員が行ったエコアクションを投稿・シェアする機能を備えたスマートフォンアプリだ。アクションに応じたポイント付与のほか、炭素削減量の表示やチャレンジイベントの開催など、従業員の行動を喚起するための仕組みも備えている。

 今回両社が開発に着手したソリューションでは、DayTreeにDJNのマーケティングやデータ分析の知見を連携。具体的には、DayTreeの使用結果の定量的・定性的な分析や、分析結果および従業員の投稿内容を基にしたコンテンツ化、対外PR発信などを行う。

 ソリューションの開発にあたり、2022年10月に電通と日本テレビ放送網で2週間の実証実験を実施。各社から65人の従業員が参画し、企業対抗形式でDayTreeを通じた脱炭素アクションについての投稿や情報共有を行った。

【関連記事】
電通ジャパンネットワーク、Z世代の視点を活かしたソリューション提供 企業のサステナビリティ推進を支援
電通ジャパンネットワークら、「サステナビリティに配慮したイベントガイドライン」を公開
電通ジャパンネットワーク「dentsu carbon neutral solutions」の提供へ
電通ジャパンネットワーク、Web3領域のビジネスを推進するグループ横断組織を発足
SDGsの認知がついに9割超え/ESGへの取り組み、最も認知しているのは20代【電通PR調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/20 18:30 https://markezine.jp/article/detail/40860

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング