SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第85号(2023年1月号)
特集「2023年、マーケターたちの挑戦 ──未来を拓く人・企業・キーワード」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ジャパンネットワークら、「サステナビリティに配慮したイベントガイドライン」を公開

 電通ジャパンネットワーク(以下、DJN)の「サステナビリティ推進オフィス」、電通の「電通 Team SDGs」、電通ライブの3者は、東京都市大学 伊坪徳宏研究室の協力のもと「サステナビリティに配慮したイベントガイドライン(環境編)」を作成・公開した。

 DJNは、同社および傘下の各事業会社がこれまでのイベント企画・運営で培ったサステナビリティの視点や知見を盛り込んで本ガイドラインを作成。イベント従事者がサステナビリティに配慮したイベントを企画できるよう支援する。

 具体的には、サステナブルなイベントの基礎知識を整理するとともに、イベントを一過性のものとして捉えず、主催者・企画者・制作者それぞれがサステナビリティについて考えるための企画・制作フローを載せた。また、イベントの制作フェーズ別に実行すべきアクションチェックリストも掲載。「実施の難易度が低く、努力し続けることで達成できる項目」「実施の難易度が高く、他社や専門業者の協力も得て達成できる項目」の2つに分けて構成している。

 DJNは今後、社会的な状況を鑑みて環境以外の視点も加えるなど、ガイドラインを随時アップデートしていく予定だ。

【関連記事】
SDGsの認知がついに9割超え/ESGへの取り組み、最も認知しているのは20代【電通PR調査】
消費者視点でSDGsへの取り組みを評価/情報・教育業界における1位はヤフー【ブランド総合研究所調査】
電通グループが「Global Good Awards 2022」においてグローバルグッド企業賞を受賞
電通、「みんなのイベント・ガイドライン」を一般公開
脱炭素に向けた取り組み、約8割が「必要だ」と回答/電通ジャパンネットワーク調査

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/08 08:15 https://markezine.jp/article/detail/40770

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング