SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

TikTokの楽曲再生数、1位は「チグハグ」に/楽曲投稿数の1位は「PAKU」【TikTok調査】

 TikTokは、2022年1月1日~11月30日までの国内データを元に算出した「音楽で振り返る!2022 TikTok トレンド」を発表した。

「チグハグ」が再生数トップに

 国内での楽曲再生数1位は、TikTok流行語大賞2022も受賞したTHE SUPER FRUITの「チグハグ」となった。2位にはミュージック部門を受賞した水曜日のカンパネラの「エジソン」、3位にはしゃろうの「2:23 AM」が続いた。

 楽曲投稿数では、振り付けとともに拡散されたasmiの「PAKU」が1位という結果になった。

シェア数1位の楽曲は「PAKU」

 楽曲いいね数においては、楽曲再生数1位の「チグハグ」が同様に1位となった。このほか、数多くのVlog(Video Blog)投稿でも使用されたさとうもかの「melt bitter」やダンスの振り付けが拡散されたfemme fataleの「だいしきゅーだいすき」も10位以内にランクインした。

 楽曲のシェア数では、楽曲投稿数1位だったasmiの「PAKU」が同じく1位に。またベスト10には数多くのVlog投稿で使用されたしゃろうの楽曲が2曲ランクインし、世界中でダンストレンドとして話題になったKep1erの「WA DA DA」も入った。

【関連記事】
TikTok for Business、「Z世代白書」を発表/5割以上のZ世代が「情報に既視感」
電通デジタルCookieに依存しない計測基盤にて新たにLINE、Twitter、TikTokと連携
TikTok流行語大賞2022、再生回数12億回超えの「それでは聴いてください、チグハグ」に決定!
TikTok、広告計測ソリューション「ZEFR」を導入 ブランドセーフティと適合性の計測が可能に
TikTokと奈良県、ショートムービーを活用した観光プロモーションを開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2022/12/26 16:30 https://markezine.jp/article/detail/40928

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング