SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS

論理的には無駄な“やってる感”がカギ 購買意欲をそそる「本能スイッチ」【お薦めの書籍】


 沢山の競合がいる中、自社の商品を繰り返し使用してもらうかは重要なポイントになっています。しかし、どのようにしてユーザーにリピーターになってもらう商品設計にするかを課題に感じている方も少なくないのではないでしょうか。今回は、そんな商品設計の手助けになる本として、微アルコール飲料Asahi BEERYの開発を手掛けた博報堂ヒット習慣メーカーズの本を紹介します。

「一見無駄なこと」が人々の購買意欲をそそる

 今回紹介する書籍は『本能スイッチ』。編者は、何度も買いたくなる「仕組み」づくりをしたいという想いを持った博報堂の有志が集まって立ち上げた社内プロジェクトチーム、「博報堂ヒット習慣メーカーズ」です。

 同チームは、マーケティング戦略から制作、リアルイベントからシステム開発まで、多様な専門性を持つ精鋭メンバーが揃った組織横断型のチームで、過去には微アルコール飲料のトレンドを作った「Asahi BEERY」の開発などにも携わっています。

「本能スイッチ」博報堂ヒット習慣メーカーズ(著)、イースト・プレス 1,980円(税込)
本能スイッチ
博報堂ヒット習慣メーカーズ(著)、イースト・プレス 1,980円(税込)

 本書では、そんな博報堂ヒット習慣メーカーズが普段の業務の中で発見し蓄積してきた、人を本能的に動かすスイッチの具体例を紹介しています。

 世の中に数多の商品がある中で、自社の商品をいかに買い続けてもらうかは多くのマーケターにとって重要な課題です。本書ではその解決策の一つとして、本能に働きかける演出に着目。たとえば「歯磨き粉にミントの味がついている」といった一見すると論理的には無駄なことが、購買意欲をそそる演出であり、そのような「やってる感」(本能スイッチ)を組み込むことが重要だと主張しています。

習慣化を促す「やってる感」を5つに分類

 そもそも、本能スイッチはなぜ購買意欲をそそるのでしょうか。本書では、生活者に何度も商品を使用してもらう条件として、習慣化されることが必要だと述べられています。

 そしてその習慣化を促すうえで、商品の使用を本能的に自覚する、やってる感(=本能スイッチ)が必要だと語られているのです。

 本能スイッチは本書において次の5つに分類にされており、生活の中で習慣化につながるような感覚を大別して紹介しています。

  1. ミント型
  2. コンフォート型
  3. ダム型
  4. アナログ型
  5. セレモニー型(P.13)

 「ミント型」は使用することで刺激を与えるもの。「コンフォート型」は使用することで心地良さを感じるもの。「ダム型」は数値や成果が可視化されるもの。「アナログ型」はデジタルにあえて少しの不便さを加えて使っている感を演出するもの。「セレモニー型」は、過去に行ってきた決まった手順の行動を再現するものと説明されています。

成果を可視化して「やってる感」を演出

 具体的には、どのような事例があるのでしょうか。ダム型の一例としては、サイクロン式掃除機が挙げられています。

 サイクロン式が登場する以前の掃除機には紙パックが内蔵されていましたが、サイクロン式掃除機の場合、ダストカップにゴミが溜まるようになっています。当然性能面の変化もありますが、本書において着目するのは、掃除をするたびに溜まっていくほこりが可視化され、掃除をするだけで達成感を得られるようになったこと。この成果の可視化を本能スイッチの一つとして取り上げています。

「ゴミは汚いもの」として隠していた従来の掃除機から、「掃除をする楽しみ」を感じる掃除機へとゲームチェンジを起こしたわけです(P.97)

 このように本書では、人々の習慣の一部になることができた商品やサービスを分析し、一見無駄に見えるが本能に響く演出の事例を紹介。エナジードリンクの色や、サウナのロウリュについてなど、日常生活に強く結びついている事例が豊富に取り上げられており、イメージしやすくなっています

 自社商品/サービスのLTV向上に取り組むマーケターの方は、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

本記事はイースト・プレスからの献本に基づいて記事作成しております

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

土屋 典正(編集部)(ツチヤ ノリマサ)

法政大学法学部を卒業。新卒で人材派遣の会社にて営業職を経験し、翔泳社に入社。MarkeZine編集部に所属。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/26 20:44 https://markezine.jp/article/detail/41845

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング