SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

日常におけるタイパ・コスパへの意識/Z世代の過半数が「意識している」と回答 【ビッグローブ調査】

 ビッグローブはZ世代(18~25歳)の男女500人と、比較対象として26~59歳までの男女500人を対象にZ世代の「タイパ(タイムパフォーマンス)」「コスパ(コストパフォーマンス)」「サブスク(サブスクリプション)」に対する意識調査を実施した。

 同調査では、タイパはかけた時間に対する満足度、コスパはかけた費用に対する満足度、サブスクは定額料金で利用するコンテンツやサービスと定義している。

Z世代の5割超がタイパ・コスパを意識

 Z世代の500人に対し、「日常生活でタイパ・コスパを意識しているか」と質問。その結果、タイパに関しては56.2%、コスパに関しては69.2%(※)の人が「意識している」と回答した。

※「意識している」「やや意識している」の合計の割合

登録しているサブスク、トップは「動画」

 調査対象者全員(n=1,000)に「現在登録しているサブスク(の種類)」を質問。その結果、トップは「動画」でZ世代の49%、その他の世代の31.8%の人が動画と回答した。

 また、Z世代とその他の世代で顕著な差が現れたのが「特になし」。Z世代では36.4%だった一方、その他の世代だと59.6%を占め、Z世代のサブスク活用が目立つ形に。

サブスクへの支出、「1,000円未満」が最多に

 サブスクを登録しているZ世代(n=318)とその他の世代(n=202)に「サブスクの月額金額はいくらか」と質問。その結果、「1,000円未満」がトップで、Z世代では36.2%、その他の世代では48.5%となった。

【調査概要】
方法:インターネット調査
時期:2023年2月7日(火)~2月9日(木)
有効回答数:1,000人(全国の18歳から25歳までの男女500人、26歳から59歳までの男女500人)

【関連記事】
中国人が行きたい旅行先トップは日本/欲しい化粧品ブランド1位は資生堂【ENJOY JAPAN調査】
メタバースの認知率は83%/実際の利用者は5%で、うち6割がスマホでアクセス【三菱総合研究所調査】
Salesforce、データ活用に関する調査を公開/ビジネスリーダーの3割がデータへの理解不足を指摘
アジア主要市場の広告費は約550億米ドル/デジタル広告費は前年比64%増に【ニールセン調査】
高校生のドラマ視聴、テレビ放送とTVerが上位に/橋本環奈、浜辺美波に注目【LINEリサーチ調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/04/07 17:15 https://markezine.jp/article/detail/41905

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング