SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第89号(2023年5月号)
特集「テレビ×マーケティング2023」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

BOOKS(AD)

専門チームでマーケティングを最適化する新常識、『マーケティングオペレーション(MOps)の教科書』

 MarkeZineを運営する翔泳社より、5月15日(月)に書籍『マーケティングオペレーション(MOps)の教科書 専門チームでマーケターの生産性を上げる米国発の新常識』が発売となりました。

 MOpsは、マーケター個人が経験に頼って何でもこなしてしまう傾向のあるマーケティングプロセスを、システムで統合・最適化する取り組みとして近年注目されています。専門チームによって最適なシステムの導入やデータ分析、ダッシュボードの構築やプロジェクト管理などを行うことで、施策の成果を最大化し、属人化を脱して再現性を高めることができます。

 本書ではマーケティングのスペシャリストである丸井達郎氏と廣崎依久氏が、MOpsが注目されている理由からひとつずつ丁寧に解説。MOpsの役割やメリット、最も重要な体制作りはもちろん、最適なツールの選定と運用プロセスの構築、データ分析やダッシュボードの設計まで、MOpsを実践するために必要な要素を網羅的に説明しています。

 マーケティングのDXにおいても欠かせないのがMOpsの考え方です。事業をマーケティングで継続的に成長させたいなら、この先必ず役立つ1冊となるでしょう。

目次

序章 マーケティングオペレーション(MOps)が注目されている理由
第1章 MOpsの役割
第2章 MOpsの体制づくり
第3章 顧客価値を創造するオペレーションモデルの設計・運用
第4章 成果を可視化するレベニュープロセスマネジメントの設計・運用
第5章 業務を最適化する生産性ダッシュボードの設計・運用
第6章 自社に最適なテクノロジー選定と構築
第7章 MOpsの進化と展望
第8章 MOpsリーダーズの実例インタビュー

マーケティングオペレーション(MOps)の教科書 専門チームでマーケターの生産性を上げる米国発の新常識

Amazon SEshop その他

マーケティングオペレーション(MOps)の教科書
専門チームでマーケターの生産性を上げる米国発の新常識

著者:丸井達郎、廣崎依久
発売日:2023年5月15日(月)
定価:2,200円(本体2,000円+税10%)

本書について

本書では、そのMOpsの役割や体制づくりから、マーケティングに最適なツールの選定・運用プロセスの構築、リードの質を高めるワークフローの整備、人材確保の方法まで解説しています。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/05/15 07:00 https://markezine.jp/article/detail/41933

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング