SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、世界中のサイトのデータをチェックできる「Ad Planner」を無料公開

 公式ブログ“Inside AdWords”で6月24日、リサーチとメディアプラニングのためのツール“Google Ad Planner(アドプランナー)”を公開したことが発表された。

 Ad Plannerでは、キャンペーンのターゲット層を、言語や年齢などの基準で定義すると、その基準にマッチしたサイトのリストが表示される。そのリストから、サイトのユニークビジターやページビュー、リーチといった基本データはもちろん、利用者の男女比、年代、学歴、年収などを知ることができる。

Google Ad Planer(ベータ版)の画面
画像はInside AdWordsより転載

 データを閲覧できるサイトはGoogleのコンテンツネットワークに属しているか否かに関わらず、40か国以上の何百万ものサイトに及んでいる。Googleは、閲覧できないサイトは、トラフィックの量が規定値に達していないサイト、robots.txtでGoogleのインデクシングを拒否しているサイト、Googleの品質ガイドラインを守っていないサイトだと説明している。

 6月20日には、Google Trendsに特定のサイトのユニークビジター数とサーチ状況の推移を閲覧できる“Trends for Websites”というツールが追加されたが、Googleは、Google Trendsは万人向けのツールだが、Ad Plannerはメディアプランナーのためのツールだとしている。

Google Trendsに追加されたTrends for Websitesの画面

 Ad Plannerで作成したメディアプランは、csvファイルにエクスポートして、表計算ソフトで利用することができるほか、Double ClickのMediaVisor向けにエクスポートすることもできる。

【関連記事】
米企業への失望感が漂うなか、Googleが米国で「評判のよい企業」1位に 
「グーグルフォンはまだ?」 iPhone快進撃にGoogle主導のAndroid陣営は? 開発者を巻き込んだ携帯業界の争い 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/25 11:50 https://markezine.jp/article/detail/4233

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング