SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

掲載できる1枚を確実に撮るデジカメ撮影術

【デジカメ撮影術】プロカメラマン直伝!撮影で失敗しないチェックリスト


周辺機器 ここがチェックポイント

 では次に、周辺機器についての確認です。

予備が欠かせないバッテリー

 カメラ本体、フラッシュなどバッテリーで駆動するすべての物のバッテリーをチェックします。かならず、フル充電してから入れること。予備を用意して、こちらの充電も怠らないこと。持っているだけで安心しがちですが、充電していなければ、ないも当然なのがバッテリーです。

記録用メディア

 記録用メディアは、中身を整理すること。撮影カット数が多いなら、予備も準備しましょう。

予備カメラの準備

 故障などに備えて、かならずサブカメラを準備します。一眼レフカメラとコンパクトカメラの組み合わせでもいいでしょう。

荒天の準備

 雨など、天候が荒れた場合に備えます。手持ちのカメラが防水タイプでなくとも、レインカバーがあれば大丈夫です。

夜間の準備

 暗いところでもカメラの設定が確認できるよう、手元を照らすフラッシュライトがあると便利です。

慣れるまではリストで指差し確認を

 はじめのうちは、上記を1枚のリストにまとめておくといいでしょう。面倒だと感じるかもしれませんが、状況によっては、どれか1つ抜け落ちただけで、撮影を中断せざるを得ないことも出てきます。慣れれば、サッと見回しただけでひと通り確認できるようになります。それまでは、1つひとつ指差し確認し、万全を期しましょう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
掲載できる1枚を確実に撮るデジカメ撮影術連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀬川 陣市(セガワ ジンイチ)

フォトグラファー、写真撮影講師。米国ウィスコンシン州立大学等で写真を習得。帰国後、商業写真撮影、フォトカードグッズ制作など広く写真を使った活動をする。旅写真など紀行物撮影を得意とする。企業、団体からのピンポイントに応じた写真撮影講座、執筆を展開中。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/06/30 11:13 https://markezine.jp/article/detail/4235

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング