SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

約3割が推し活中と回答/推しのジャンルTop3は「アイドル」「二次元キャラ」「俳優」【モニタス調査】

 モニタスは全国の15~69歳の1,200人を対象に、推し活に関する意識調査を実施した。

推し活をしている人は約3割

 推し活の取り組み状況を尋ねると、「推し活をしている」と答えた人は27.3%に。また、結果を年代別で見ると、10・20代では「推し活をしている」の回答割合は全体平均よりも15ポイント以上高く、10代では53%に、20代では44%に上った。

「アイドル」が“推し”ジャンル1位に

 推し活をしている人(n=327)に、“推し”のジャンルを質問。その結果をランキング形式にしたところ、1位は「アイドル(41.3%)」に。2位には「二次元キャラクター(16.5%)」が、3位には「俳優・女優・モデル・タレント(11.9%)」がランクインした。

最も認知されているのは「ゆるキャラグランプリ」

 推し活関連イベントである総選挙・グランプリのうち、特定のイベント(※1)の認知率・投票率(※2)を調べたところ、認知率では「ゆるキャラグランプリ(26.9%)」が最も高かった。一方、投票率が最も高かったのは「サンリオキャラクター大賞(8%)」に。

※1 「ゆるキャラグランプリ」「サンリオキャラクター大賞」「B-1グランプリ」「Webマンガ総選挙」の四つ

※2 1年以内に投票した総選挙・グランプリの回答割合

各総選挙の認知経路は「テレビ」「Twitter」など

 各総選挙・グランプリを認知したきっかけを聞いた。その結果、サンリオキャラクター大賞、ゆるキャラグランプリ、B-1グランプリでは「テレビ番組」がトップ回答に。一方、Webマンガ総選挙では「Twitter」が最多回答となった。

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ
期間:2023年6月2日(金)~5日(月)
対象:全国の15~69歳の人
有効回答数:1,200人

【関連記事】
オンラインショッピングで人気のジャンル/男性はガジェット、女性は美容・ペット商品など【ナイル調査】
Z世代が選ぶ2023年度上半期のトレンド大賞、1位は「推しの子」【seamint.調査】
Z世代のコマース行動は積極的に情報を獲得し、真偽を見極める「バイヤー型消費」【博報堂買物研究所調査】
10代の約9割がHIPHOP・ラップを好き/人気ラッパー1位は「韻マン」【LINE MUSIC調査】
約7割の女性がコロナ禍以降も「マスクは必要」と回答/混雑時、業務時などに着用【SUNGRAN調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/06/21 18:15 https://markezine.jp/article/detail/42516

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング