SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

CHANGE ViSiON、裸眼3D映像によるインタラクティブ広告を放映開始

 7月25日、CHANGE ViSiONは、竹下通りと明治通りの交差点角地にある大型3Dビジョン
「CHANGE ViSiON Harajuku」で、LDH JAPANのタレント4名(ELLY氏、RIKU氏、塩野瑛久氏、山口乃々華氏)を起用した、美容脱毛サロン・ミュゼプラチナムの裸眼3D映像によるインタラクティブ広告の放映を開始した。

実際の広告

  LDH JAPAN所属のタレント4名それぞれが裸眼3D映像で大型ビジョンに登場。視聴者が事前にミュゼプラチナムの公式LINEから入手した専用アプリのURLを開きスマホをビジョンにかざすことで、タレント4名が描いたデジタルアートを、直接手渡ししてもらったかのようにプレゼントされる。

 さらに、アートの受け取りページに書かれている秘密の電話番号へ電話するとオリジナルメッセージが聞ける仕組みになっている。

今回の広告設計のイメージ

 今回のインタラクティブ広告のタイトルは、「1Coin for SDGs~原宿アートアクション~」。一人ひとりのアクションがジェンダーレスな未来につながることを願い、アートを通して「ジェンダー平等」を考えるきっかけの提供を意図している。

【関連記事】
ボールドライト、レジャー施設のインタラクティブなパークマップの構築・運営プラットフォームを提供開始
マイクロアド台湾ら、訪日観光客向け支援サービスの提供へ インタラクティブ動画技術を活用
UNICORN、「XR Ad」を提供開始 360度視点で体験できる3D映像を広告クリエイティブに活用
凸版印刷、メタバースサービス基盤に新機能を追加 Webサイト上で商品や空間を3Dデータで再現
原宿竹下通りに大型ビジョンを新設し、3Dデジタルアートの放映を開始  第一弾はBEAMS

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/07/26 08:00 https://markezine.jp/article/detail/42786

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング