SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

FORCE-R、ECを定量分析×定性調査で支援するサービスを提供開始 消費者目線の課題解決を目指す

 9月1日、Webコンサルティング事業を行うFORCE-Rは、同社が保有する調査モニター20万人によるアンケートデータを元にECサイトの課題を定量分析×定性調査で見える化し、売上を最大化させるEC支援サービス「Commerce INSIGHT./PROJECT.」をリリースした。

 Commerce INSIGHT.では、ECコンサルタントの定量分析による仮説立案と、調査モニター20万人のアンケートデータを連携することで、アンケートデータに基づいた改善提案を実施する。これにより、消費者目線によるECサイトの課題と改善方向性を定めることができる。

 具体的には、ECコンサルタントがECサイトの数値データをチャネルごとのカゴ落ち率や離脱率といった要素を分解。商材やビジネスモデルを鑑みた上でネックポイントを分析し、課題要因の仮説を立てる。

 次にその仮説検証のために、顧客属性と近しい調査モニターをアサインし、アンケートを実施。実際にECサイトを利用してもらい、「企業側の表現が正しく伝わっているか」「購入までスムーズに進めたか」などの調査を行う。これらのアンケート結果を元にデータベースを作成。独自のレーダーチャートを元に、改善すべき部分を明示する。

 これにより、消費者目線によるECサイトの課題と改善方向性を定めることができる。

 また、同時に同サービスによって導き出した改善策の実行支援を行うCommerce PROJECT.もリリース。ECのマーケティングからバックオフィスまでフルフィルメントで対応可能で、一気通貫してECのあらゆる課題を解決へ導くサポートをする。

【関連記事】
ECキュレーションエンジン「ZETA BASKET」提供開始 目的ごとに商品の組み合わせを提案
AnyMind Group、ECマネジメントプラットフォーム「AnyX」に「広告レポート」機能を追加
SO Technologies、広告会社向け支援SaaS「ATOM」で、新たに3媒体とデータ連携開始
65%がアカウントのユーザー名とパスワード管理に課題、Oktaが世界の消費者2万人超に調査
博報堂、グループ企業らと連携しクリエイティブチーム「HAKUHODO CX FORCE」を発足

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/04 09:00 https://markezine.jp/article/detail/43334

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング