SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂DYMPと小学館が協業 XR領域におけるアバターソリューションの共同開発に向けて、実験を開始

 博報堂DYメディアパートナーズと小学館は協業の上、XR領域におけるアバターソリューションの共同開発に向けて、実証実験を開始する。

 具体的には、ユーザーの3Dスキャンデータを基に、コンテンツの世界観を反映させた3Dアバターを作成できるサービス「Snap Avatar」の実験を行うという。

 なお、本実証実験は、博報堂テクノロジーズが取り組む「アバターサービスプラットフォーム」の一環。アバターサービスプラットフォームとは、博報堂DYグループが描くアバター技術をマーケティングに活用する、というビジョンのこと。たとえば、複数にまたがるアバターサービスで発生する行動データを一元管理し、取得したデータに基づいてユーザーの嗜好性や行動を予測するレコメンドエンジンを開発。その他、ユーザーの嗜好性やTPOに応じた体験を提供していくという。

【関連記事】
博報堂とホーユー、若年女性向けデジタルマーケティングに特化した新会社「イロップ」を設立
博報堂ら、アイデア創出プロセスを研究する共同プロジェクト始動 発話や身体変化を自然言語処理技術で解析
博報堂ら、「メタバースビジネスアジェンダ策定プログラム」の提供を開始 事業開発の方針策定を支援
博報堂DYMP、生活者パネルデータをGPTモデルに学習 行動パターンに基づくプランニングが可能に
博報堂DYMPとD-ID、ユーザーの画像が動画の一部になるAI映像サービスの提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/09/13 14:30 https://markezine.jp/article/detail/43462

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング