SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

250万人規模のデータで解説!今月の消費トレンド速報

バチェラー好きのマーケターが読み解く“不器用バチェラー”の関心層/ムーブメントの中心にいたのは誰?

 マーケターにとって、世の中の流行やトレンドを押さえておくことは重要なポイントです。今消費者は何に注目しているのか、どんなニーズを抱えているのか? ヴァリューズが有する国内250万人規模の消費者行動データから、トレンド分析ができるツール「Dockpit」 を用いて、消費者トレンドを探っていきます。

史上初の“不器用”なバチェラー、視聴者はどう見ていた?

 2023年8月24日にAmazonプライム・ビデオの恋愛リアリティーショー「バチェラー・ジャパン シーズン5」の最終回が放映されました。みなさんはご覧になりましたか?

 性格も背景も異なる16名の女性が、成功を収めた1名の独身男性(=バチェラー)を巡って競い合う「バチェラー・ジャパン」シリーズ。今シリーズで5代目バチェラーを務めた長谷川惠一さんは、これまでのバチェラー像と異なり、恋愛に不器用な一面を持ち、メキシコでの旅を通じた、彼自身の成長にも注目が集まりました。筆者の周囲でも、最終回ではどの女性にファイナルローズが渡されるのか、推理や考察も交えて大きな話題になっていました。

 今回は、視聴者が「バチェラー・ジャパン シーズン5」をどう見ていたのか、また、番組に心を掴まれたのはどんな層なのか、「Dockpit」のデータから分析しました。

 下のグラフは、2022年9月から「バチェラー・ジャパン シーズン5」の放映が始まった2023年8月までの間に「バチェラー」というワードで検索を行ったユーザー数(UU)の時系列データです。シリーズ5が始まる7月から徐々に「バチェラー」という検索が伸びつつあり、視聴者からの期待がだんだんと高まっている様子が窺えます。最終的に8月には、7月の4倍以上まで検索ユーザー数が伸びています。

2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索ユーザー数の推移(Dockpit/PC・スマホ合算)
2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索ユーザー数の推移(Dockpit/PC・スマホ合算)

「バチェラー」で盛り上がっていたのはどんな層? 番組によって微妙に異なる視聴者層

 では、番組の行方を見守っていた視聴者はどんな人たちだったのでしょうか。

 次に「バチェラー」と検索したユーザーの性別内訳を見ると、女性が65%ほど見られ、ネット利用者全体よりも女性に偏りがありました。一方で、男性も35%ほど存在しているのは意外な発見です。一般的に女性に好まれやすい恋愛リアリティショーですが、男性にもハマる要素があったと言えそうです。

2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索ユーザー数の推移(Dockpit/PC・スマホ合算)
2021年9月~2023年8月「バチェラー」「あいの里」「オオカミちゃんには騙されない」「テラスハウス」検索者の性別内訳(Dockpit/PC・スマホ合算)

 他の恋愛リアリティーショーと比較すると、35歳以上の男女の恋愛を扱った「あいの里」(Netflix)の検索ユーザーとほぼ同じ性別構成となっています。

 ちなみに、「テラスハウス」(フジテレビ、Netflix)は男性比率が多く、若者に人気の「オオカミちゃんには騙されない」(AbemaTV)は女性比率が高めです。番組ごとに視聴者層が微妙に異なることがわかる結果です。

 ほかにも、検索ユーザーの様々な属性にも着目してみましょう。

 まず年代ですが、ネット利用者全体と比較して20代・30代が明らかに多いことがわかります。20代・30代を合算すると、検索ユーザーの6割程を占めるという結果となりました。

2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索ユーザー数の推移(Dockpit/PC・スマホ合算)
2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索者の年代内訳(Dockpit/PC・スマホ合算)

 続いて、検索ユーザーの世帯年収を見てみます。すると、ネット利用者全体よりやや高いカーブを描いており、特に世帯年収600万円以上の層が比較的多いことが見て取れます。また、都道府県では東京都在住の検索ユーザーが多く、23.3%を占めています。ここから、都内でやや年収が高い若い社会人が盛り上がっているコンテンツであることが推測できます。

2023年8月「バチェラー」検索者の世帯年収内訳(Dockpit/PC・スマホ合算)
【クリックして拡大】2023年8月「バチェラー」検索者の世帯年収内訳(Dockpit/PC・スマホ合算)
2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索ユーザー数の推移(Dockpit/PC・スマホ合算)
2022年9月~2023年8月「バチェラー」検索者の居住都道府県構成比(Dockpit/PC・スマホ合算)

 みなさんのイメージ通りだったでしょうか?

この記事はプレミアム記事(有料)です。ご利用にはMarkeZineプレミアムのご契約が必要です。

有料記事が読み放題!初月1円キャンペーン中!

プレミアムサービス詳細はこちら

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラスをご契約の方は
・こちらから電子版(誌面)を閲覧できます。
・チームメンバーをユーザーとして登録することができます。
 ユーザー登録は管理者アカウントで手続きしてください。
 手続き方法の詳細はこちら

次のページ
【ネタバレ有】「バチェラー5」参加者の中で、意外な注目を集めたのはあの女性?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
250万人規模のデータで解説!今月の消費トレンド速報連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

海野 秋生(ウンノ アキミ)

株式会社ヴァリューズ ソリューション局 インサイトアナリティクスG マネジャー大学卒業後、PR会社に入社。その後戦略PR会社、調査会社を経て2020年より現職。アンケート調査を活かしたPR調査のほか、消費財のリブランディングにあたるグループインタビューやコンセプト受容性調査、広告効果検証調査など定量...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/06 09:30 https://markezine.jp/article/detail/43662

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング