SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

アルコール飲料の購買動向、ハイボールの売上金額は昨年比で+20.2ptと大幅増加【東芝データ調査】

 東芝データは、電子レシートサービス「スマートレシート」を利用する約140万人のレシートデータからアルコール飲料の購買データを分析し、動向を発表した。

購入金額増加率、1位は「ハイボール」で20.2pt増加

 まず、2022年9月~2023年8月の1年間の売上金額が、前年度同期間(2021年9月~2022年8月)より伸びた酒類をランキングにした。

 その結果、増加率が一番高いのは「ハイボール」で、前年比で20.2ptと大幅な増加となった。次いで「ウィスキー」が3.3pt、「サワーの素」が1.5ptと続いた。一方、「ビール」は前年比で4.9pt、「第3のビール」は9.2pt減少しており、消費者の好みが多様化していることがわかる。

来店客1人あたりの月間購入金額の年間平均値の前年比(2022年9月~2023年8月)

 10月からの酒税法改正により、各社からビール価格の値下げや新ジャンル商品の発表などアルコールの消費拡大に向けた動きが活発化しているが、物価高は家計に大きな影響をおよぼしており、今後アルコールの多様化が加速していくことが考えられる。

1人あたりの月間購入金額 20代・30代は「酎ハイ・カクテル」が1位に

 次に、2023年8月の来店客1人あたりの月間購入額を年代別に見ると、20代と30代の男女の月間購入金額1位は「酎ハイ・カクテル(RTD)」となった。一方、40代と50代以上の男女の1位は「ビール」となった。

年代別来店客1人あたりの月間購入金額ランキング(2023年8月)

 1位の月間購入額を年代男女別に比較すると、50代以上の男性が418.2円と最も高く、最も低い20代の男性と比較して約3.8倍の金額となった。

来店客1人あたりの月間購入金額

【関連記事】
東芝データ、2月の「買い物動向」速報を発表 単価上昇により平均購入数量が減少
東芝データ、2022年の「買い物動向」を分析 前年比で平均単価約4%UPも平均購入数量は減少
エシカル・サステナブルな製品・サービスの購入意向は7割超/Z世代では8割超に上る【パナソニック調査】
CCCマーケティング総研、2023年7月の「産業動向レポート」「産業天気予報」を発表
Zaim、購買記録から業界やブランドシェアを可視化 第一弾は「フードデリバリー」の4大ブランド動向

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/04 07:00 https://markezine.jp/article/detail/43670

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング