SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

フルファネルで効果を発揮するAmazon Adsとのマーケティング(AD)

Amazon Adsと@cosmeが生み出した新たな広告アプローチとは?

 Cookieの利用制限がますます進む中、多くの広告主はお客様の体験を妨げることなく、購入につながるオーディエンスへアプローチできる方法を模索している。その中でコスメ・美容ブランドから注目を集めているのが、@cosmeを運営するアイスタイルがBeauty領域におけるインサイトを活用して開発した「@cosmeオーディエンスパッケージ」だ。オンラインはもちろん、広告主がリーチすべきリアルなコスメファンと接触できるとされている。アイスタイルの田中氏と藤原氏にサービスの概要および活用事例について話を聞いた。

Amazon Adsとの取り組み

MarkeZine編集部(以下、MZ):2022年8月、アイスタイルとアマゾンジャパンは業務資本提携を締結しました。はじめにこの目的からお聞かせいただけますか。

田中:Amazon様は、1999年の創業時から当社がお客様への価値提供の在り方や企業としてのスタンスに共通するものがあると感じていた企業の一つです。2022年のタイミングで業務資本提携に至ったのは、お互いの強みを活かすことで、一社だけでは実現できない色々な取り組みができるのではないかと考えたためです。

株式会社アイスタイル ブランド体験ユニット 副ユニット長 兼 ブランドコミュニケーション開発本部 本部長 田中大介氏
株式会社アイスタイル ブランド体験ユニット 副ユニット長 田中大介氏

MZ:現在までにどのような取り組みを進められてきたのでしょう?

田中:複数の取り組みを並行して推進しています。たとえば、Amazonで開催されるイベント「Amazonプライムデー」に合わせて、@cosmeでもコラボレーションイベントを開催したり、@cosme内における反響をまとめたランキングなどのコンテンツをAmazon内にも掲載することで、Amazonの利用者にも商品を選ぶ際の参考にしていただいたりしています。今日お話しする「@cosmeオーディエンスパッケージ」もその取り組みの一つです。

リアル店舗を持つ@cosmeと、圧倒的な流通量を持つAmazon Ads

MZ:Amazon Adsとの取り組みにおいて、アイスタイルが活かせる自社独自の強みとは、どういったものでしょうか。

田中:当社には、メディアの「@cosme」、ECの「@cosme SHOPPING」、リアル店舗の「@cosme STORE」や旗艦店の「@cosme TOKYO」「@cosme OSAKA」というオンラインとオフラインを横断したお客様との接点があります。これを踏まえて、私が考える@cosmeの最大の強みは、オンライン・オフラインを問わず、お客様が商品を探したり購入したりする際のインサイトを持っていることです。

 商品を実際に購入する場所はお客様自身が選ぶものであり、多くのお客様は認知してから購入に至るまで、オンラインとオフラインを行き来しながら比較検討されます。

 特に化粧品業界では、コロナ禍でEC化が加速したとは言っても、「やはり実際に商品に触れて、試してから購入を決めたい」と考える方が多く、リアル店舗が高い価値を持っています。そのため、当社がオンラインはもちろん、オフラインのお客様のインサイトも持っているということは大きな強みだと思います。

MZ:では、Amazon Adsとの取り組みにおいて、アイスタイルから見たAmazonの強みはどこにあると思いますか?

田中:数多くある中であえて選ぶとすれば、言わずもがなAmazon様は世界最大級のオンラインストアであり、圧倒的な流通量を持っていらっしゃいます。そして、その文脈に留まらず、「Amazon Prime Video」など幅広い側面でサービスを展開されており、ライフスタイル全般で包括的な体験価値をお客様に提供されています。

 そんなAmazon様の中で広告ソリューションを提供するAmazon Adsと一緒に取り組みを進めることで、我々が持つお客様のインサイトがより効果を発揮できるようになるのではと考えました。

次のページ
コスメブランド必見!@cosmeとAmazon Ads、良いとこどりの新広告ソリューション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
フルファネルで効果を発揮するAmazon Adsとのマーケティング連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

和泉 ゆかり(イズミ ユカリ)

 IT企業にてWebマーケティング・人事業務に従事した後、独立。現在はビジネスパーソン向けの媒体で、ライティング・編集を手がける。得意領域は、テクノロジーや広告、働き方など。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:アマゾンジャパン合同会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/11/24 12:00 https://markezine.jp/article/detail/43747

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング