SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

auが減速、6月の携帯電話契約純増数でイー・モバイルに抜かれて最下位に

 事業者別に見た携帯電話の契約純増数では、ソフトバンクモバイルが独走、NTTドコモが苦戦という図式が続いていたが、6月の純増数では、1位ソフトバンクモバイル、2位NTTドコモ、3位イー・モバイルとなり、au/KDDIは4位に転落した。

事業者別契約数の推移 (2008年1月~6月)

 KDDIは、2008年3月にツーカーのすべてのサービスを終了。減少を続けるツーカーとauの契約数の合計がKDDI全体の契約数となることから、au単独ではソフトバンクモバイルを上回っていても、KDDI全体の数字は下回る結果となることが多かった。しかし、ツーカーサービスが終了した現在、6月の純増数でイー・モバイルにも抜かれ最下位という結果に。

 純増数の推移は、ソフトバンクモバイルの独走が続いているが、2位以下との差は徐々に詰まりつつある。7月11日にiPhone発売を控えているソフトバンクモバイルが、今後どのような動きを見せるか、auの動きと合わせて注目される。

【関連記事】
NTTドコモ、携帯純増数でイー・モバイルに抜かれる
携帯契約数が1億台突破、3大キャリアの争いは混戦
NTTドコモの長すぎる苦戦、携帯電話単独でもシェア50%割れは秒読みへ?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/07 18:40 https://markezine.jp/article/detail/4429

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング