SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

デジタルサイネージ広告の市場規模、2023年は801億円の見通し【デジタルインファクトら調査】

 シード・プランニングの子会社であるデジタルインファクトは、CARTA HOLDINGSと共同でデジタルサイネージ広告市場に関する調査を実施した。

 同調査では、デジタルサイネージ広告を「交通機関」「商業施設・店舗」「屋外(OOH)」「その他」の4つに分類し、2023年の推計と2027年までの予測を実施。その結果、2023年のデジタルサイネージ広告市場規模は前年比119%、801億円の見通しとなった。また2025年に1,000億円を突破し、2027年は2023年比174%増の1,396億円と予測された。

 内訳を見ると、鉄道車両や駅施設・タクシー・バス・空港・航空機などの「交通機関」は399億円で、全体の49.8%と約半数を占めた。小売店やショッピングモール・美容室・飲食店といった「商業施設・店舗」は171億円となり、全体の21.4%になった。

 様々な屋外空間に取り付けられるデジタルサイネージが該当する「屋外」は136億円で、全体の17.0%を占める結果に。中でも「屋外(大型ビジョン)」のカテゴリーは、2027年に225億円まで市場の伸長が予測されている。

 この他、地方自治体の建物内や商業ビル・居住用マンションのエレベーター、映画館(シネアド)などを含む「その他」は、全体の11.9%を占めると推測された。

【調査概要】
調査対象:デジタルサイネージ広告関連事業者
調査手法:CARTA HOLDINGSとデジタルインファクトが保有するデータ、公開データ、デジタルサイネージ広告事業に関わる企業へのインタビュー調査
調査時期:2023年10月~11月

【関連記事】
デジタル音声広告市場、前年対比229%の16億円に成長と予測【デジタルインファクト調査】
名古屋鉄道、AIデジタルサイネージと回数限定クーポンを活用した来店促進の実証実験を実施へ
Drootsと三菱地所、空中に浮遊する映像広告を配信 3Dホログラムサイネージを活用
TOPPAN、ユーザーの曖昧な感覚をもとに商品をレコメンドできる診断型サイネージの提供を開始
ドコモ、電通、博報堂DYMP、LIVE BOARDがDOOH市場の拡大を目指した協働に合意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/19 14:00 https://markezine.jp/article/detail/44476

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング