SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

生活ログから潜在意識を可視化 プラットフォームハウスで探るインサイト【参加無料】

 MarkeZineは、2024年2月27日(火)~29日(木)に「MarkeZine Day 2024 Spring」を東京・日本橋兜町にて開催。29日の13:30~14:10に行うセッション『積水ハウスが住まい手の生活行動ビッグデータから捉えるインサイト――共創データベースを通じた事業成長戦略 』には、積水ハウスの吉田裕明氏が登壇する。

【セッション詳細・申し込みは画像をクリック】
セッション詳細・申し込みは画像をクリック

 積水ハウスでは、2021年12月からスマートホームサービス「PLATFORM HOUSE touch(プラットフォームハウス タッチ)」の提供を開始し、同サービスを通じて様々なデータを蓄積してきた。さらに、2023年9月からは博報堂との共同プロジェクトにおいて、蓄積したデータをAIで解析する取り組みも開始。これにより、住まい手の“無意識”の行動データも含まれる生活ログを使って「行動の源泉」(潜在意識)などを可視化していくと発表している。

 本セッションには、積水ハウスのプラットフォームハウス推進部長である吉田裕明氏が登壇。AI解析から見えてきた生活者のインサイトの事例や、データベースを軸とした事業成長の戦略をうかがう。

 蓄積したデータのより良い使いみち、事業成長につながる活用の方法を探る方にお勧めのセッションだ。

【開催概要】
イベント名称:MarkeZine Day 2024 Spring
登壇セッション:積水ハウスが住まい手の生活行動ビッグデータから捉えるインサイト――共創データベースを通じた事業成長戦略
日時:2024年2月29日(木)13:30~14:10
会場:KABUTO ONE HALL&CONFERENCE(東京都中央区日本橋兜町7番1号 4F)
参加費:無料(事前登録制)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/02/21 09:30 https://markezine.jp/article/detail/44923

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング