SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第99号(2024年3月号)
特集「人と組織を強くするマーケターのリスキリング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ナブテスコ、デジタルサイネージ一体型自動ドアを活用した広告配信サービスを2024年4月に開始

 ナブテスコは、デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービスの提供を2024年4月より開始することを発表した。

 同サービスは、当面のターゲットとして大学向けの展開を想定したもの。大学構内にある売店などの入口にデジタルサイネージ一体型自動ドアを設置し、大学生向けの商品の宣伝やリクルートを目的とした企業などの広告を配信する。これにより、大学生向けの商品や企業認知獲得を目指す。

 加えて、同サービスは、自動ドア周辺の人流データをネットワークで収集するプラットフォーム「AD-LINK」と組み合わせることで、デジタルサイネージ広告の効果測定の提供も可能になる。

 また、同広告配信事業の開始に向けて同社は、商業施設や交通機関向けに、自動ドア用デジタルサイネージディスプレイの販売を3月1日より開始した。通行者の動線上にある自動ドアを新たな情報発信メディアとして活用が可能だ。同メディアを店舗や施設の入り口に設置することで、広告掲示や情報配信による購買促進や顧客満足度向上が期待できる。

 同社は今後、大学のみならず商業施設や公共交通機関などの様々な施設にて、自動ドアを活用した広告配信サービスを順次展開する予定だ。

【関連記事】
UNICORN、リテールメディア向け広告配信プラットフォームと統合型デジタルサイネージを提供開始
タクシーサイネージメディア「GROWTH」、LIVE BOARDマーケットプレイスと媒体連携を開始へ
タッグ、バーチャルヒューマン接客・案内サービスを開始 デジタルサイネージを活用した販促ツールも搭載
デジタルサイネージ広告の市場規模、2023年は801億円の見通し【デジタルインファクトら調査】
名古屋鉄道、AIデジタルサイネージと回数限定クーポンを活用した来店促進の実証実験を実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/03/04 12:00 https://markezine.jp/article/detail/45036

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング