SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

タッグ、バーチャルヒューマン接客・案内サービスを開始 デジタルサイネージを活用した販促ツールも搭載

 店舗デザインの設計を行うタッグは、1月25日、バーチャルヒューマンによる接客・案内サービス「MISE-demo CONCIERGE(ミセデモ コンシェルジュ)」を発表した。

 MISE-demo CONCIERGEは、商業施設における顧客サービスと接客の質を向上させるための次世代接客ソリューション。接客アバターシステムを導入しているため、商業施設、店舗、マンションなどの環境において、24時間の受付・案内が可能になる。

 コンシェルジュ機能では、顧客の選んだメニューに応じて、店舗の案内をアバターが実施。店頭スタッフが対応できない時でも、顧客へのインタラクティブな情報提供ができる。

MISE-demo CONCIERGEの画面遷移イメージ

 加えて、デジタルサイネージ上の商品棚から商品購入が可能な機能を組み合わせた店頭販促ツールも搭載。キーワードやイメージに応じて、オススメ商品の一覧や最新情報がサイネージ上に表示され、顧客が求める商品・サービスへの出会いをサポートする。

MISE-demo CONCIERGEの販促イメ―ジ

 これにより同社は、顧客の購買体験の充実と、従業員の労務軽減、店舗の省力化のサポートを図る。

【関連記事】
デジタルサイネージ広告の市場規模、2023年は801億円の見通し【デジタルインファクトら調査】
名古屋鉄道、AIデジタルサイネージと回数限定クーポンを活用した来店促進の実証実験を実施へ
ABEMA、AI技術を活用した広告手法「バーチャルプロダクトプレイスメント」の実証実験を開始
電通ベンチャーズ、インワールドAIに出資 AIでのバーチャルキャラクター制作とユーザー体験構築を支援
凸版印刷とエイスリーが協業、実在人物を元にしたバーチャルヒューマンのキャスティング事業を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/01/29 08:00 https://markezine.jp/article/detail/44656

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング