SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第98号(2024年2月号)
特集『お客様の「ご愛顧」を得るには?』

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

電通ベンチャーズ、インワールドAIに出資 AIでのバーチャルキャラクター制作とユーザー体験構築を支援

 電通グループのコーポレート・ベンチャーキャピタル・ファンドである電通ベンチャーズ2号ファンド(以下、電通ベンチャーズ)は、AIを活用したバーチャルキャラクター制作プラットフォームを提供する米国のTheai(以下、インワールドAI)に出資した。

 インワールドAIが提供するプラットフォームは、バーチャル上の人物やNPCに性格・思考・記憶・行動などの個性を与え、人間同士のような交流を可能にする。企業はバーチャルキャラクターをカスタマイズすることで、インタラクティブなユーザー体験を構築することができる。

 同出資により、電通ベンチャーズはインワールドAIのビジネス拡大を支援。また電通グループとしては、AIによるバーチャルキャラクターを活用したユーザー体験をもたらし、2023年6月に発表した米国Robloxとの提携の拡大につなげていく。

【関連記事】
電通ら、IPやキャラクターにChatGPTを活用したロボット「CHABOT」のサービスを開始
電通、ChatGPTを活用しキャラクターとの自動対話サービスの実証実験を開始 第1弾は「いらすとや」
電通、ゲーム愛好家のクリエイターを集めた組織横断型チームを結成 魅力あるコミュニケーションを提供
生活者がAIに最も期待するのは、無駄な業務の削減/一般企業従事者の約7割がAI導入を検討【電通調査】
電通、日本の「未課題」をビジネスの成長可能性に変えるツールを提供開始 事業のプランニングに活用可能

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2023/10/13 12:15 https://markezine.jp/article/detail/43771

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング