SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

DNPら3社、VTuberライブプラットフォームを活用した広告配信サービスの提供を開始

 大日本印刷(以下、DNP)と、VTuberのライブプラットフォーム「SPWN(スポーン)」を運営するバルス、デジタルマーケティング支援を行うKIYONOの3社は、6月19日、SPWNのユーザーデータを活用した新たな広告サービスの提供開始を発表した。

 同サービスでは、SPWNユーザーの各種イベント参加や商品・サービス購入の履歴データなどを活用することで、各ユーザーの嗜好を細分化して把握。広告主がターゲットとする潜在顧客に対して広告配信を行う。ユーザーが利用するSNSやGoogleの関連サービスに広告表示が可能なため、ユーザーが「SPWN」を利用していない時にもタイムリーにアプローチができる。

 また、DNPが持つリアルとデジタル双方のマーケティング支援のノウハウと、KIYONOが提供する幅広いデータ基盤の掛け合わせにより、広告主が訴求したいターゲットを「SPWN」ユーザーから抽出が可能。最適な広告配信条件を生成することで、より効果的なユーザーに対して広告配信が行える。

 さらに、「SPWN」が開催するVTuberなどのリアルイベントでは、広告主が自社の商品などを販売できるブースを提供しており、出展企業は同サービスを通じてイベントと連動した広告の配信や、イベント後にブース来訪者に対してのアプローチも可能になる。

 これにより3社は、VTuberのファンに向けて、クッキー関連の規制の影響を大きく受けることない、効果的な広告配信の実現を目指す。

【関連記事】
JR東日本ら3社とany style、地域応援プロジェクトを開始 Vtuberが地産品を紹介
ClaNとプラップジャパン、VTuberを活用したPR支援サービスを発表 若年層での認知拡大を目指す
FinT、「VTuberマーケティングプラン」の提供を開始 全体設計から実施まで一気通貫で支援
グリー、VTuber事業および法人向けメタバース事業の新会社を設立 多角化・グローバル展開の強化へ
ロート製薬が「ロートバーチャルラボ」を設立 公式VTuberを通じた商品紹介などの実施へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/20 08:00 https://markezine.jp/article/detail/45084

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング