SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

新着記事一覧を見る

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第101号(2024年5月号)
特集「進化するテレビマーケティング、現在の選択肢」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

博報堂買物研究所、リテールメディア・売場作りコンサルティングサービスの提供を開始

 博報堂買物研究所は、3月29日、設立20周年プロジェクトの第二弾として、日用消費財メーカー・小売業のマーケティング支援を強化する「リテールメディア・売場作りコンサルティングサービス」の提供を開始した。

 同社では、シチュエーションごとに異なる買い物意識・買い物の仕方を行う生活者を「フレキシブルショッパー」と定義。その上で、買い物意識を基に8つのベースクラスターを設定し、チャネル、商品カテゴリー、用途などと組み合わせることでクラスターの特定ができるソリューション「フレキシブルショッパークラスター」を開発した。

 今回提供を開始するリテールメディア・売場作りコンサルティングサービスでは、フレキシブルショッパークラスターを活用し、顧客分析の精緻化や買い物するシチュエーションに応じたリテールメディアプランニング、広告配信セグメント設定などを実施。これにより、同社は、日用消費財メーカー・小売企業のマーケティング支援強化を目指す。

【関連記事】
節約意識が高い人の年間支出額が多い 意識と行動の両面から見る生活者変化/博報堂買物研究所調査
Z世代のコマース行動は積極的に情報を獲得し、真偽を見極める「バイヤー型消費」【博報堂買物研究所調査】
Data Chemistry、テレビ視聴ログデータで生活者をクラスター化 ターゲティング活用へ
クロスロケーションズ、インフォネットと業務提携 AIを活用した顧客分析やロイヤリティ向上を目指す
クロスロケーションズ、人流データ分析プラットフォームにおいてインバウンドデータ分析機能の提供を開始

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/04/02 14:15 https://markezine.jp/article/detail/45280

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング