SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マクロミル、広告効果の「ベンチマーク構築」の支援を開始 複数のキャンペーンを統合的に分析

 マクロミルは、広告の価値を第三者的に証明する「ベンチマーク構築」の支援を開始した。

 同ソリューションでは、統計的手法であるメタアナリシス(meta-analysis)を用いて、複数の広告キャンペーンの結果を統合的に分析。メタアナリシスは疫学や公衆衛生・計量経済学など科学分野で広く採用されている統計的手法であり、複数の研究結果を統合することで正確で包括的な結論を導き出すために設計されている。個別の研究だけでは得られない洞察を提供することが可能となる手法だ。

メタアナリシスを用いたベンチマーク構築のイメージ
メタアナリシスを用いたベンチマーク構築のイメージ

 同ソリューションはメタアナリシスによって独立した複数の広告キャンペーンを分析することで、信頼性の高い広告効果のベンチマークを構築する。これにより、広告主は業界ベンチマークと比較した明確な位置づけを把握し、効果的な広告キャンペーンの振り返りが可能に。広告プラットフォーマーやメディアは、自社の広告商品の価値を客観的に証明し、説得力のあるプランニングを提案できる。

 またマクロミルは今後に向けて、業界カテゴリーごとのベンチマーク構築に向けたメタアナリシスと広告クリエイティブに関するメタアナリシスを実施。継続的にデータを蓄積して分析を繰り返し、精度の高いベンチマークの構築や広告表現の改善に向けた知見の獲得をサポートしていく。

【関連記事】
マクロミル、メディアプランニングの最適化を図る「AccessMill Connected」を提供開始
b8ta Japnaとマクロミルが業務提携を締結 調査型ポップアップストアのPoCを開始
マクロミル、「2023年 市場規模拡大・縮小ランキング」を発表 コロナ収束の影響が顕著に
マクロミル、M-Forceの「9segs」メソッドを活用 一気通貫で支援するブランド調査サービス開始
マクロミル、モニタスを連結子会社化 約3,600万人のパネル資産を基にサービス開発や支援強化を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/06/18 16:15 https://markezine.jp/article/detail/45975

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング