SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第102号(2024年6月号)
特集「ブランドは気まぐれな消費者とどう向き合うべきか?」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

ビジョン、SNS運用代行サービス「SNS運用ドットコム」提供 集客に課題のあるSNS運用をサポート

 グローバルWiFi事業や情報通信サービス事業を展開するビジョンは、SNSマーケティングの課題をサポートし、顧客の売上向上を支援するSNS運用代行サービス「SNS運用ドットコム」のサイトをオープンした。

 本サービスは、SNSを活用した集客の改善を目的としており、広告運用を含めて専門スタッフが代行することで、短期間で実績につなげることを重視したサポートを行う。運用を一元的に任せるプランのほか、広告運用やインフルエンサーマッチングのプランなどが選べる。

画像を説明するテキストなくても可
投稿代行プランのイメージ図
クリックすると拡大します

 サービス提供の背景として、SNS運用を行っている個人向け(BtoC)の事業者の大半が、SNS運用に課題を感じていることを挙げている。

 ビジョンが2023年に自社顧客向けに実施したアンケートでは、個人向け事業者の7割以上が宣伝目的のSNSアカウントを運用、そのうち93.3%が何らかの課題を感じていたことがわかった。

 具体的な課題として「成果につながっているかわからない(55.8%)」、「効果検証ができない(19.2%)」、「いいね・コメントが伸びない(11.5%)」と回答している。またSNS運用の成果に対する疑問から、持続的なSNS運用に対して消極的な反応を示す傾向があったと発表している。

画像を説明するテキストなくても可
2023年4月ビジョン調べ
クリックすると拡大します

【関連記事】
サムライト、共感型ショートドラマ制作サービスの提供を開始 企業のSNSマーケティングを支援
Z世代・α世代に人気の音声SNS「パラレル」登録者数が500万人に ユーザーの約7割が週5以上で利用
進む「ショッピングのSNS化」 UGCやリテールメディア活用のヒントを伝授[8/27リアル開催]
コムニコ、企業ブランディング支援を行う揚羽と業務提携 企業の採用活動におけるSNS運用を支援
Pinterest、集めた画像で動画を作成 他SNSに投稿する新機能「ボードシェア」を開発・提供

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2024/07/11 18:30 https://markezine.jp/article/detail/46217

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング