SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第76号(2022年4月号)
特集「リテール最新動向」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

Google、AdWordsキャンペーンでキーワードとプレースメントの併用を可能に

 AdWordsのヘルプによると、キーワードとプレースメントの両方をAdWords広告グループ用に選択した場合、2つのステップによって広告掲出が処理される。

 第一段階ではキーワードが最初に処理され、Googleコンテンツネットワーク上の掲載可能なページを調べて、キーワードにマッチしたコンテンツを自動検出する。第二段階では、利用者の設定によって以下のいずれかに広告が表示される。

・コンテンツ ネットワークのプレースメント(コンテンツ ターゲットを使用)
・指定したプレースメントのみ(プレースメント ターゲットを使用)

 もちろん、キーワードまたはプレースメントのみを指定した広告グループやキャンペーンを作成することも可能となっている。なお、今回の新しいキャンペーン機能のために、レポート機能も強化されている。

【関連記事】
Google AdWords、英国とアイルランドで商標と同じキーワードの利用が可能に
Google AdWords、ランディングページの表示にかかる時間が短いほどキーワードの「品質スコア」が上がる方針に
Google、AdWords「サイトターゲット」を「プレースメントターゲット」へ名称変更、CPC入札が可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/07/18 21:01 https://markezine.jp/article/detail/4644

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング