SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!(PR)

オンライン受付開始で中小事業者も続々と利用
「スポンサードサーチ モバイル」活用のヒント

モバイルにおける検索が急速に浸透し、「モバイルSEM」にも高い注目が集まる中、オーバーチュアのモバイル向け検索連動型広告「スポンサードサーチ モバイル」も、プラットフォームの刷新やオンラインからの受付を開始するなど、サービスを進化させている。オーバーチュア株式会社 マーケティングマネージャーの河田顕治氏に、同サービスの特徴や活用のヒントを聞いた。

※2013年1月29日よりYahoo!リスティング広告はYahoo!プロモーション広告に名称変更しました。

敷居がぐっと低くなった「スポンサードサーチ モバイル」

 2006年のソフトバンクモバイルとヤフーの提携を皮切りに、2008年初頭には3大キャリアの公式ポータルで、PCと同じような検索エンジンが使えるようになった。携帯端末からの「検索」が浸透するとともに、企業のマーケティングツールとして、モバイル検索連動型広告が注目されはじめている。

 そうした期待を受け、オーバーチュアでは、2008年5月、モバイル向け検索連動型広告「スポンサードサーチ モバイル」のオンライン受付を開始。「予想以上に大きな反応があった」とオーバーチュア株式会社 マーケティングマネージャーの河田顕治氏は語る。

「開始とともにお申し込みいただいたお客さまの数は、当社の予想をはるかに越えていました。これまでも、販売代理店を通じてお申し込みは可能でしたが、その場合最低予算金額が10万円以上という制約があったので、利用が難しいお客さまも多かったわけです。そうした方々が、オンライン受付の開始に『待ってました!』と反応してくださった。期待の大きさを実感しましたね」(河田氏、以下同)

 現在利用している広告主のプロフィールは、モバイルとの親和性が高い商品・サービスが多いが、じきにPCの顧客と変わらなくなってくると河田氏は分析している。

 「例えば近年、テレビCMなどで『続きはWebで』と呼びかけるものが増えていますが、その際に使われる端末の実に30%以上が携帯電話。最も頻繁に利用されるデスクトップ端末からのアクセスは60%ですが、マーケティング活動はモバイルを無視できない段階に来ていると言えそうです。サイトに来訪する意欲のあるユーザーを取りこぼさないためにも、『スポンサードサーチ モバイル』の活用を意識していただければと思います」

【注】2007年12月 Jストリーム「ネットユーザー利用動向調査」による。デスクトップPCからの閲覧が58.2%、携帯からの閲覧が33.4%。

 また、携帯電話からの検索利用を分析すると、モバイルならではの戦略が見えてくるという。モバイルにおける検索とそのマーケティングへの活用法は、PCの延長にとどまるものではないのだ。

次のページ
キーワードのヒントは「衝動的」「明確な目的」「ピンポイント」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Yahoo!プロモーション広告をマンガで理解!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

伊藤 真美(イトウマミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング