SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

米Yahoo!、郵便番号によるジオターゲティング広告を展開

 Yahoo! Search Marketing Blogの10月20日のエントリによると、米国内のジオターゲティング広告で郵便番号を指定することが可能になった。

 ジオターゲティング(geo-targeting)は、IPアドレスなどの情報を利用してユーザーの現在位置を把握し、その地域にいるユーザーに適切な広告を配信する技術。Yahoo!のジオターゲティング機能では、これまで最も細分化されたエリア指定として、Nielson Media Researchが定めたDesignated Marketing Area(DMA)と呼ばれるエリアをターゲット指定することができたが、今回新たに都市と郵便番号が指定可能になった(郵便番号のみベータ版)。

 これによってジオターゲティング機能の利用者は、キャンペーン設定の際、マーケット全体(米国とカナダ)、国別、州/地方、DMA、都市、郵便番号を選択することができる。しかし、ターゲットを限定しすぎるとそれだけ対象ユーザーを限定することにもなるため、Yahoo!は郵便番号を最低10個選ぶことを推奨している。

【関連記事】
アクセスユーザーの位置特定が市町村まで可能 IPアドレスデータベース「SURFPOINTTM v2.0」が販売開始
JWordがサイバーエリアリサーチの位置情報データを活用した エリアターゲティング広告サービスを開始
オプトとアッカ、横浜でiPhone/iPod touch向け位置連動型広告配信の試験サービスを実施
GPS未搭載携帯でも現在位置を取得できる「モバイルGoogleマップ」、ドコモ906i/706iシリーズにプレインストール

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/10/21 13:04 https://markezine.jp/article/detail/5718

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング