SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第64号(2021年4月号)
特集「あなたの知らないZ世代」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

携帯サイトを知ったきっかけで最も多いのは「携帯のメニューから」、携帯検索サイトを上回る

携帯サイト利用者の6割以上が1日1時間以上利用

 ネクストは、関東・関西圏在住のモバイルユーザーを対象に、携帯サイトやSNSの利用シーンやサービスなどの利用実態を調査した。9月に行われた調査では、過去3か月以内に携帯サイトを利用したことのある18~39歳の男女2100名から有効回答を得た。

 携帯サイトの1日の利用頻度は、「30分以下」が28.0%、「1時間程度」が32.4%、「2時間以上」は31.7%と、携帯サイトを利用している人の6割以上が1日1時間以上利用している。男女別にみると、男性が30分以内や1時間程度の利用が多いのに対して、女性では2時間以上の利用が多く、年齢が若いほど利用時間が多くなっている。

携帯サイトの1日の利用時間
※データは地域コミュニティサイト「Lococom」調べ(以下すべて同)

 過去3か月以内に利用した携帯サイトは「天気予報・ニュース・スポーツ」が79.0%と最も多く、「交通情報・乗り換え案内」「着うた・着ムービーなどのダウンロード」が続いている。各項目とも男性より女性の利用率が高く、年齢別では「天気予報・ニュース・スポーツ」の利用は30~34歳で8割強に達している。

利用携帯サイト

10代=携帯・検索・クチコミ、30代=パソコン・メルマガ、年齢による違いに注目

 ブログやコミュニティサイトの利用で、携帯とパソコンのどちらの利用頻度が多いかをたずねたところ、「パソコン」が39.8%、「携帯」が44.4%で、5ポイントほど携帯がパソコンをうわまわる結果となった。男女別では、男性がややパソコン利用が多く、女性は携帯利用が多くなっている。

 年齢別では、10代が6割、20代前半が5割、20代後半以上でも3~4割が携帯を活用してSNSを利用している。携帯だけを使っている人が最も多いのは10代で、パソコンだけを使っている人が最も少ないのも10代。以下のグラフからも、年齢層と利用環境の違いがを見て取れる。

携帯・パソコンのSNS利用比較

 また、利用している携帯サイトを知ったきっかけで最も多いのは「携帯電話のメニューリストから」で、「携帯電話の検索サイト」「携帯電話のメールマガジン」が続いた。携帯検索サイトや友人・知人の紹介で、という回答は年齢が若いほど多く、携帯電話のメールマガジンからは年齢が高いほど回答が多い傾向にある。

利用携帯サイトを知ったきっかけ

【関連記事】
10代・20代で高まるクロスメディア傾向、年代・性別で携帯の使い方に大きな違いが【博報堂調査】
PCからのネットアクセスが減少、PC利用は20代、携帯利用は10代が牽引【博報堂・メディア調査】
ミクシィ、広告売上は絶好調もパソコンからのPV減少が止まらず【グラフで見るmixiのPV推移】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

関連リンク
この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング