SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第78号(2022年6月号)
特集「現場に再現性をもたらす マーケターが知っておきたい手法&フレームワーク」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

話題の書籍を紹介!

『メールはプレセールスマン』 まずはメールマーケティングの概要を理解する! 【メールマーケティング基礎】


 メールマーケティングとは、データベース情報を駆使し、見込み客や既存顧客との関係を維持・継続し、購入意欲を喚起させるためのダイレクトマーケティング手法です。本稿では、メールマーケティングの特徴を簡単に説明します(この記事は『オンライン・マーケティング&ネット広告 HANDBOOK』から転載しています)。

メールマーケティングのメリット

 メールマーケティングは、既存顧客や見込み客へ電子メールを配信し、顧客維持や販売促進につなげる手法です。ネット広告が色々なチャネルから自社のウェブサイトへ誘導する「プル型」のコミュニケーション手段であるのに対し、メールマーケティングは個人のメールボックスにキャンペーンの案内や定期的なメールマガジンなどを送り届ける「プッシュ型」のコミュニケーション手段です。

メールはプレセールスマン

 企業のウェブサイトの場合、Yahoo!のように頻繁にコンテンツを更新することはないので、1度訪れたユーザーをリピート訪問させることは至難の業です。そこで、見込み客や既存客に対し、新商品情報などをタイムリーに届け、関係を維持するのがメールマーケティングなのです。

 また、過去の購買行動や、アンケートの回答、メールの開封率や、サイトへのアクセス履歴などの情報をデータベースで分析し、興味関心の度合いにより異なる内容のメールを配信するOne to Oneマーケティングの実現により、ユーザーの購入意欲を喚起させる「プレセールスマン」の役割を果たすことができるのです。

ITを活用したメールマーケティング
ITを活用したメールマーケティング

実際に読まれるメールは数件

 One to Oneメール配信のコストが比較的低くなり、また、手続きが簡単なASPサービスを利用できるようになったため、メールを配信する企業も多くなりました。結果的に1人あたりの受信メール数が増加する傾向にあります。しかし、実際に読まれるメールは、その中のわずか数件です。

メール配信のしくみ
メール配信のしくみ

 コストが低いとはいえ、内容を読んでもらえないのであれば効果は見込めません。顧客を飽きさせず、常にインパクトを与え続け、不快感を持たせないための文面を作成するテクニックなど、メールマーケティングを効率的に利用するノウハウが必要なのです。

【メールマーケティング基礎】他の記事も読む

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
話題の書籍を紹介!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

大山 忍(オオヤマ シノブ)

米国大学卒業。外資系企業を経て2000年にネット広告効果測定ツールを提供するベンチャーに創業メンバーとして参画。その後、バリューコマース株式会社と合併し、アフィリエイトシステムの開発企画やマーケティングマネージャーを務める。2007年1月にオムニチュア株式会社(現Adobe)に参加、コンサルティングサービスを立ち上げる。ビジネスコンサルタントとして米国のベストプラクティスを日本の課題やニーズに合わせて提供、ウェブ解析やガバナンス(データ主...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2012/11/06 17:37 https://markezine.jp/article/detail/6375

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング