MarkeZine(マーケジン)

記事種別

『メールはプレセールスマン』 まずはメールマーケティングの概要を理解する! 【メールマーケティング基礎】

2009/01/13 12:00

 メールマーケティングとは、データベース情報を駆使し、見込み客や既存顧客との関係を維持・継続し、購入意欲を喚起させるためのダイレクトマーケティング手法です。本稿では、メールマーケティングの特徴を簡単に説明します(この記事は『オンライン・マーケティング&ネット広告 HANDBOOK』から転載しています)。

メールマーケティングのメリット

 メールマーケティングは、既存顧客や見込み客へ電子メールを配信し、顧客維持や販売促進につなげる手法です。ネット広告が色々なチャネルから自社のウェブサイトへ誘導する「プル型」のコミュニケーション手段であるのに対し、メールマーケティングは個人のメールボックスにキャンペーンの案内や定期的なメールマガジンなどを送り届ける「プッシュ型」のコミュニケーション手段です。

メールはプレセールスマン

 企業のウェブサイトの場合、Yahoo!のように頻繁にコンテンツを更新することはないので、1度訪れたユーザーをリピート訪問させることは至難の業です。そこで、見込み客や既存客に対し、新商品情報などをタイムリーに届け、関係を維持するのがメールマーケティングなのです。

 また、過去の購買行動や、アンケートの回答、メールの開封率や、サイトへのアクセス履歴などの情報をデータベースで分析し、興味関心の度合いにより異なる内容のメールを配信するOne to Oneマーケティングの実現により、ユーザーの購入意欲を喚起させる「プレセールスマン」の役割を果たすことができるのです。

ITを活用したメールマーケティング
ITを活用したメールマーケティング

実際に読まれるメールは数件

 One to Oneメール配信のコストが比較的低くなり、また、手続きが簡単なASPサービスを利用できるようになったため、メールを配信する企業も多くなりました。結果的に1人あたりの受信メール数が増加する傾向にあります。しかし、実際に読まれるメールは、その中のわずか数件です。

メール配信のしくみ
メール配信のしくみ

 コストが低いとはいえ、内容を読んでもらえないのであれば効果は見込めません。顧客を飽きさせず、常にインパクトを与え続け、不快感を持たせないための文面を作成するテクニックなど、メールマーケティングを効率的に利用するノウハウが必要なのです。

【メールマーケティング基礎】他の記事も読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5