SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第100号(2024年4月号)
特集「24社に聞く、経営構想におけるマーケティング」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

定額給付金は若者の3割が「貯金」、くれるなら「5万円」ほしい

 若者の「定額給付金制度」に対する意識を探る今回の調査は、2月から3月にかけて行われ、20代から30代の若者から329件の回答を得た。「定額給付金制度」については、回答者の77.2%が「内容も名前も知っている」と回答したが、その受け取り方については、「知っている」との回答は48.5%にとどまっている。

定額給付金制度の認知度(N=329)     定額給付金の受け取り方の認知度(N=329)

 制度の賛否については、「反対」が「賛成」を大きく上回っているが、賛否を決めかねる回答も31.6%と意見が分かれるかたちになった。しかし、給付金を受け取るかどうかについては96.0%が「受け取る」と回答。制度の賛否とは対照的な結果となった。

定額給付金制度の賛否(N=329)    定額給付金を受け取るかどうか(N=329)

 支給される12,000円の金額については、57.4%が「少ないと思う」と回答している。では、いくらであれば少ないと感じないかをたずねたところ、「50,000円」や「30,000円」など、実際の支給額よりもかなり高い金額が多くあがっている。給付金の使いみちについては「貯金」が最も多く、「生活費」「飲食代」が続いている。

定額給付金を何に使うか(n=272)

 また「定額給付金に用いられる2兆円の予算をほかの政策に用いるべきと思うか」については、回答者の約7割が、「(ほかの政策に用いるべきと)思う」と回答し、具体的には「福祉・介護」「雇用対策」「医療」などを挙げる意見が多かった。

【関連記事】
若者の旅行離れ、「恋人の有無」が影響
婚前同棲「反対」が過半数、同棲中にチェックしたいことは「生活習慣」と「金銭感覚」
男性7割が「自分は草食」、肉食女子は「頼りになる・つきあいたい」、
一人暮らしの女性、夕食「自炊派」は6割超える

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/03/12 15:47 https://markezine.jp/article/detail/6835

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング