SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第97号(2024年1月号)
特集「2024年の消費者インサイト」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

男性で自炊率より高い「カレー自作率」

 アイシェアが3月に行った調査では、20代から40代のネットユーザー男女380名から回答を得た。日常的に自炊をするのは全体の47.1%で、男性では25.5%、女性では70.1%と大きな開きがある。しかし、自分でカレーをつくることが「ある」とした男性は38.3%で、自炊率を12.8ポイントも上回っている。この傾向は他でもみられ、日常的に自炊をしない人の28.9%がカレーをつくることがあると回答している。

自分でカレーをつくることはあるか(n=380)

 好きな市販のカレールーは性別・年代別で好みが分かれ、男性では1位「こくまろカレー」、2位「ジャワカレー」、3位「バーモントカ レー」で、女性では1位「バーモントカレー」、2位「こくまろカレー」、3位「ジャワカレー」 。年代別では、20代では「バーモントカレー」が、30代と40代では「こくまろカレー」がそれぞれ1位となった。

ごはんとルーのバランスにこだわる人も多い

 カレーをつくる理由としては、「カレーが食べたいから」はもちろん、「簡単につくれるから」と答えた人も多く、料理慣れしていなくてもルーを使って手軽にできるところも魅力のようだ。また、食べるときにかける調味料やトッピング、ルーとごはんのバランスにこだわりがある人も多く、インド料理が一般化したためか、一緒に食べるものとして「ナン」をあげる人もいた。

【関連記事】
レシピサイトの利用率は男性のほうが高い
一人暮らしの女性、夕食「自炊派」は6割超える
男性7割が「自分は草食」、肉食女子は「頼りになる・つきあいたい」、

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

デジタルを中心とした広告/マーケティングの最新動向を発信する専門メディアの編集部です。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/10 12:51 https://markezine.jp/article/detail/7083

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング