SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

企業IRサイトランキング、1位はカプコンとNTTドコモ

 このランキングは、国内全上場企業の株主・投資家向け広報(IR)サイトの使いやすさや情報の充実度を評価することを目的として行われているもので、今回で3回目。4月15日に発表された総合ランキング上位10社は以下のとおり(カッコ内は前回順位)。

1位 カプコン(5位)
1位 NTTドコモ(3位)
3位 富士フイルムホールディングス(44位)
3位 東芝(1位)
5位 KDDI(2位)
6位 三井物産(13位)
7位 ソフトバンク(18位)
8位 ミネベア(21位)
9位 TDK(9位)
10位 第一三共(24位)
10位 ベネッセコーポレーション(21位)
10位 富士重工業(23位)

1位のカプコンは、IR資料だけでなく、ゲーム市場全体に関する情報や、過去のヒット商品や開発者コメントを掲載、多角的に自社を伝えるための試みがなされている。また、NTTドコモは、個人投資家にもわかりやすい企業情報をきめこまかく提供。月次開示などの事業データなどにも詳しい点などが評価された。

 今回から、ジャスダック証券取引所、東証マザーズ、大証ヘラクレスの新興三市場に上場する企業のサイトを対象とするランキングも発表され、1位「ジュピターテレコム」(ジャスダック )、2位「サイバーエージェント」(東証マザーズ)、3位「ネクスト」(東証マザーズ )となった。そのほか、優秀企業110社や業種別ランキング第1位企業も発表されている。

【関連記事】
ホンダ、「インサイト」人気でアクセス急増、トヨタを抜いて首位に
トヨタが7年連続1位、サイト価値は1422億円【Webサイト価値ランキング 2008】
IRサイト総合ランキング、トップ3は「東芝・KDDI・NTTドコモ」、「エーザイ」が48位からトップ10に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/04/17 12:50 https://markezine.jp/article/detail/7135

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング