SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第70号(2021年10月号)
特集「データ活用の新常識」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

セプテーニスタッフが熱く語る「Webマーケティングコラム」

身近にあったコンバージョンアップの秘訣
セキュリティ対策で心理的不安を解消

 最近のネットマーケティングでは、SEOやリスティング広告など、集客面にフォーカスされていました。今後はランディングページをどのように見せるのか、エントリーフォームでいかに離脱を減らすのかが重要になってきます。そうした中、集客した顧客をコンバージョンさせる手段として、心理的不安を解消させる「見えるセキュリティ対策」を導入し効果を上げた事例が増えてきています。【バックナンバー】

最新のセキュリティ対策でコンバージョン率が上がった事例

 はじめまして。日本ベリサインの上杉と申します。通常、このコーナーはセプテーニ社の現場スタッフの記事が掲載されていますが、セキュリティ対策でコンバージョンがアップした事例をみなさんにご紹介したく、番外編という形式で今回の執筆を担当させていただきました。どうぞお付き合いください。

さて、早速ですが掲載以下の2つは、最新のセキュリティ対策でコンバージョン率が上がった事例です。

  • トレンドマイクロ、ウイルスバスターの更新完了率が8.4%向上
  • Oisix(おいしっくす)、最新のSSLサーバ証明書で閲覧したユーザーの新規登録率がそうでないユーザーに比べ16%多くなった

 この2社は、今までも堅牢なセキュリティ対策を行っていました。

 通常、セキュリティ対策はリスク回避を目的に行われますが、最新のセキュリティ対策の中ではエンドユーザーの心理的な不安を解消し、結果的にコンバージョン向上につながるケースも増えています。

エンドユーザーの不安

 総務省の通信利用動向調査(H19)によると、インターネットで物品・サービスを購入しない理由として、「必要ない、興味がない(43.9%)」「実際に商品を見て買いたい(29.6)」が1位、2位にあげられております。この人たちをネットで買い物させるのは至難の業でしょう。

 続いて、「クレジット番号情報を流すことに不安がある(19.1%)」「商品の受け取りや返品で信頼できない(16.6%)」「個人情報の保護に不安がある(16.4%)」となっています。つまり、約2割のエンドユーザーが心理的な不安を抱えているから、ネットで買い物をしないということが分かります。逆に、心理的な不安を解消してあげられるものがあれば、潜在顧客が増え、コンバージョン率向上や売上向上につながります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
心理的不安を解消するソリューション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
セプテーニスタッフが熱く語る「Webマーケティングコラム」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

上杉 謙二(ウエスギ ケンジ)

日本ベリサイン株式会社 プロダクトマーケティング本部 SSLマーケティング部国内通信会社にて、セキュリティやホスティングサービスのマーケティングやセールスエンジニアを行う。 現在、日本ベリサインにてSSLサーバ証明書のプロダクトマーケティングを担当している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/05/11 11:00 https://markezine.jp/article/detail/7176

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング