MarkeZine(マーケジン)

記事種別

身近にあったコンバージョンアップの秘訣
セキュリティ対策で心理的不安を解消

2009/05/11 11:00

 最近のネットマーケティングでは、SEOやリスティング広告など、集客面にフォーカスされていました。今後はランディングページをどのように見せるのか、エントリーフォームでいかに離脱を減らすのかが重要になってきます。そうした中、集客した顧客をコンバージョンさせる手段として、心理的不安を解消させる「見えるセキュリティ対策」を導入し効果を上げた事例が増えてきています。【バックナンバー】

最新のセキュリティ対策でコンバージョン率が上がった事例

 はじめまして。日本ベリサインの上杉と申します。通常、このコーナーはセプテーニ社の現場スタッフの記事が掲載されていますが、セキュリティ対策でコンバージョンがアップした事例をみなさんにご紹介したく、番外編という形式で今回の執筆を担当させていただきました。どうぞお付き合いください。

さて、早速ですが掲載以下の2つは、最新のセキュリティ対策でコンバージョン率が上がった事例です。

  • トレンドマイクロ、ウイルスバスターの更新完了率が8.4%向上
  • Oisix(おいしっくす)、最新のSSLサーバ証明書で閲覧したユーザーの新規登録率がそうでないユーザーに比べ16%多くなった

 この2社は、今までも堅牢なセキュリティ対策を行っていました。

 通常、セキュリティ対策はリスク回避を目的に行われますが、最新のセキュリティ対策の中ではエンドユーザーの心理的な不安を解消し、結果的にコンバージョン向上につながるケースも増えています。

エンドユーザーの不安

 総務省の通信利用動向調査(H19)によると、インターネットで物品・サービスを購入しない理由として、「必要ない、興味がない(43.9%)」「実際に商品を見て買いたい(29.6)」が1位、2位にあげられております。この人たちをネットで買い物させるのは至難の業でしょう。

 続いて、「クレジット番号情報を流すことに不安がある(19.1%)」「商品の受け取りや返品で信頼できない(16.6%)」「個人情報の保護に不安がある(16.4%)」となっています。つまり、約2割のエンドユーザーが心理的な不安を抱えているから、ネットで買い物をしないということが分かります。逆に、心理的な不安を解消してあげられるものがあれば、潜在顧客が増え、コンバージョン率向上や売上向上につながります。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5