SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第79号(2022年7月号)
特集「TikTok×マーケティングの最前線」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

業界の大物が動いた! ソニーがゲーム内広告のIGA Worldwideを買収へ?

 ゲーム空間に広告を表示するゲーム内広告ビジネスに注目が集まる中、ソニーがIGA Worldwideを買収するという噂が流れている―広告業界情報サイト「Ad Innovator」に、そんな短い記事が掲載された。

 2006年5月に米マイクロソフトが、ゲーム内広告の草分け的存在であるMassiveを買収。2007年1月には、GoogleがまもなくAdscape Mediaを買収するとウォールストリート・ジャーナルが報じたばかり。次はどこだ?というわけで、業界が注目しているのがソニーの動向だ。

 ゲーム業界情報サイト「GameIndustry.biz」は、2006年4月28日の記事で、Sony Computer Entertainment Europe(SCEE)のクリス・ディアリング前社長とOmnicom Groupのブルース・ネルソン副社長が、IGA Worldwideの経営陣に加わったことをすでに報じている。ディアリング氏はPlayStationとPSPのヨーロッパ戦略の中核を担い、100億ドルを超える収益を上げた人物。一方のネルソン氏は、Interpublic Group、Omnicom Groupなど世界の広告業界のトップを渡り歩く、いずれ劣らぬ大物だ。

次々と買収されるゲーム内広告企業。任天堂も何か新しい動きに出るのか?

 今回の噂は、こうした動きのもとに、買収が秒読み段階に入ったことを裏付けるものといえるだろう。Ad Innovatorでは、任天堂がどう動くのかについても関心を寄せている。

参考資料:
「スクープ:SonyがIGA Worldwideを買収か?」(Ad Innovator)
"PRESS RELEASE: Sony and Omnicom heavyweights join IGA Worldwide" (GameIndustry.biz)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2008/02/24 18:32 https://markezine.jp/article/detail/721

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング