MarkeZine(マーケジン)

記事種別

強制的に情報を見せることは是か非か【ユーザビリティTips】

2009/06/17 11:00

 サイトを運営していて、もっとユーザーに知らせたいけれどなかなか認知されないサービスがあり、もどかしく思った経験はありませんか? 今回は、「ユーザーに対して強制的に情報を見せる」ことの効果についてご紹介したいと思います(ユーザビリティ実践メモの中から編集部がチョイスした記事を転載しています)。

強引な訴求はユーザーに拒否される

 ある会員制サイトでは、ユーザーに対して積極的に新サービスを訴求する方法を検討していました。

 このサイトでは、ほとんどのユーザーがログインするとまず最新情報ページを閲覧し、すぐにログアウトするか他の個別のサービスページに遷移してしまうため、最新情報ページでいかに新しいサービスを訴求するかが課題でした。

 このような場合、よく使われる手法として以下のようなものがあります。

  • ポップアップウインドウ
  • ウェルカムページでのFlashムービー
  • 動画の自動再生
  • ライトボックス(同一画面上にレイヤーを重ね、背景を暗くすることで上レイヤーに注目させる手法)

 このサイトでは、ライトボックスによる情報訴求の注目度が高く有効であるという仮説を立て、ログインしたユーザーが最新情報ページへ移動すると同時に自動的にライトボックスを表示し、新サービスの訴求を行う機能を簡易的に実装しました。

 しかし、このページに対してユーザー行動観察調査を行ったところ、ほとんどのユーザーがライトボックスが表示された瞬間に反射的に「閉じる」ボタンをクリックしてしまうという行動をとりました。

 ユーザーがこのような行動をとった原因としては、次のようなものが考えられます。

  • 一刻も早くいつもの最新情報を見たかったのに、邪魔をされたと感じた
  • 出てきたボックスが自分には関係のない「広告」として受け止められた
  • 意図しないポップアップウインドウ(的なもの)に対する条件反射

 これは、ユーザーの情報収集の流れを強制的に中断するような見せ方は、ユーザーの反発を招くばかりでなく、情報訴求効果もほとんど得られないことを示しています。

 なお、今回のケースでは、最新情報ページ内のユーザーが必ずチェックするエリアのすぐそばに訴求したい情報を掲載するという手法が情報訴求の上で効果的でした。

 ユーザーの操作を中断させて情報訴求を行う方法は、一見有効であるに思われますが、逆効果になる可能性が高くなります。やはりユーザーの行動を邪魔しない形でのさりげない情報提示が効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

All contents copyright © 2006-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5