SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

おすすめの講座

  • [11月12日]Googleアナリティクス実践講座~基本操作編

おすすめのウェビナー

  • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第62号(2021年2月号)
特集「D2Cビジネス成功の法則」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今日から実践!ユーザビリティ向上ノウハウ

携帯サイトで成果を出すためのアクションボタン配置【ユーザビリティTips】

 PCに比べ、ユーザーが急いで利用していることが多い携帯サイト。そのため、より多くのユーザーを獲得するためには、必要なアクションがスムーズに行えるようなページづくりが携帯サイト作りには不可欠です。そこで今回は、より成果を出すためのアクションボタン配置についてご説明します。(ユーザビリティ実践メモの中から編集部がチョイスした記事を転載しています)  

急いでいるユーザーにとって使いやすいサイト作りとは

 携帯オンリーユーザーであろうと、PCと携帯を使い分けている両用ユーザーであろうと、携帯サイトを利用している状況下では多くのユーザーは急いでサイトを利用しているといえます。

 例えば携帯オンリーユーザーは、早いスクロール・手入力が習慣化しているため、駆け抜けるようにサイトを利用します。また、両用ユーザーがわざわざ携帯サイトを利用している状況は、家に帰ってPCサイトを開くまで待てないほど急がなければならない事情や心情があることを物語っています。

 以上のことから、成果の出せる携帯サイトを作るには、どれだけ急いでいても確実にアクションを起こせるサイトにする必要があることが分かります。よって今回は、急いでいるユーザーにアクションを起こしてもらうためには、どこにアクションボタンを配置すべきかについてご説明します。

成果をあげるアクションボタンの配置場所は

 まずは以下3パターンの配置例を見てください。あなたがとても急いでいる状況でこのページを開いたら、どこにアクションボタンが配置されていて欲しいでしょうか。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
アクションボタンの下に訴求コンテンツを用意

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
今日から実践!ユーザビリティ向上ノウハウ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ビービット(カブシキカイシャビービット)

仮説検証型の独自方法論「ビービットUCD(User Centered Design)」を用いて、ウェブおよび携帯サイトの戦略立案、サイト設計、構築、効果検証を行うインターネットコンサルティング会社。年間1000人を越えるユーザビリティテスト(ユーザ行動観察)やアイトラッキング調査など各種リサーチを実施し、ウェブユーザの心理と行動パターンを分析。サイトの売上向上、コンバージョン率改善などの具体的成果の創出を行っている。詳細はこちらからご確認ください。【書籍紹介】 絶えず...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai
    • MarkeZine Day 2020 Autumn Kansai

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング