SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Webマーケターのキャリア設計

山本直人氏が語る マーケティング業界これからどうなる?【第3回】
生き残るための戦略と磨くべき4つのスキル

 マーケティング/人材育成プランナーの山本直人氏に、マーケティング業界の今後と生き残りの知恵を教わる本連載。第1回は「マーケティング業界のこれまでの変遷」、第2回は「業界の実態・実情」についてお届けした。第3回は「生き残るためのスキルと戦略」だ。(本記事は、CAREERzineからの転載です)。

マーケターに厳しい時代、4つのスキルを磨いて生き残れ!

 今後マーケティング業界で生き残るためには、4つのスキルが求められると考えています。

 1つ目が、「多数派形成力」。「いまはこれが一番だ」といえる、リアルタイムでのナンバーワンを設計する力です。世の中のトレンドを敏感にキャッチして、マスに支持される具体的なサービスやクリエイティブに落とし込む。旧来的なマーケティングの手法ですね。

 2つ目は、「未来提示力」。今はモノを買う際に、臆病にならざるをえない時代です。たとえば、新車を買えるほどの予算があったとしても、あえて中古車を選ぶ人が多いという話を聞きました。消費者のマインドが萎縮しているわけです。財布の紐を緩めてもらうには、この「未来提示」のスキルが欠かせません。

 さらに「関係構築力」も、欠けてはならないピースです。これは、ユーザーの声に耳を傾け、本音を探っていくということ。すでに、テキストマイニングなどさまざまな技法がありますが、もっと定性的に踏み込んで見て、ステークホルダーとの関係を深めていくことが求められます。

 具体例を出すなら、書店などにある手作りのポップ。あれも、関係構築のためのツールの1つです。ホスピタリティの表れですよね。また、CGMで消費者マインドを探ることもできます。

 最後は、「インサイト発見力」です。これまでに何度も繰り返してきたように、モノが売れない時代です。お茶のペットボトルの例(第2回)が示すとおり、商品自体が持つ訴求力より、価格で流通しているフシがあります。

 こうした状況では、力ずくで売るのではなく周辺から攻めていくことです。たとえば「キットカット」。いまや受験生に大人気ですが、あれは正攻法の売り方ではなく、言葉遊びを巧妙にマーケティングに使った結果、新たなニーズを生み出した好例です。要するにキットカットを売るのではなく、受験にキットカットをフォーカスしているのです。

 「関係構築力」や「インサイト発見力」は、若いマーケターが得意とする分野ではないでしょうか。というのも、彼らは高度経済成長やバブルを知らずに育ってきた世代だけに、力ずくでモノを売ることに抵抗があり、モノが売れない状況に慣れています。ですから、最初からドーンと爆発的にヒットするなんて思っていなくて、むしろ地道に繊細にマーケティングを行うのかもしれませんね。

 これらのスキルについては、私の新著『「買う気」の法則』(アスキー新書)で掘り下げているので、詳しいことはそちらで読んでみてください。

 後者2つに対し、「多数派形成力」「未来提示力」は、オールドタイプのマーケターが得意でしょう。どちらが優れているというわけではなくて、ミックスすることが重要です。すると幅広いマーケティングに携わることができ、仕事がなくて困るといった事態が起こりにくくなります。(次ページへ続く)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Webマーケターのキャリア設計連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/07/24 11:00 https://markezine.jp/article/detail/7831

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング