SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

『MarkeZine』(雑誌)

第83号(2022年11月号)
特集「Web3、メタバース、NFT ── 最新技術が マーケティングに及ぼす影響」

MarkeZineプレミアム for チーム/チーム プラス 加入の方は、誌面がウェブでも読めます

Webマーケターのキャリア設計(PR)

マーケターこそプロジェクト単位で会社を移る時代?
米国の最新動向を人材エージェンシーのエイクエントが紹介

 近年、米国ではマーケティング戦略の中核に派遣社員を活用する例が増えてきているという。そのメリットやデメリット、そしてそのプロフィールやキャリアプランニングはどのようなものなのか。米国ボストンに本社を置き、世界7ヵ国に拠点を持つ人材エージェンシーエイクエントで派遣マーケター市場の拡大を先導する、トレイシー・シンクレアさんにお話をうかがった。

ビジネスと経済の変化が求める「マーケターの派遣社員化」

「米国の今は日本の5年後」といわれるように、米国の市場動向は日本の近い将来を占うのに大きな手がかりとなるという。その意味で米国での人材市場の変化は、大いに注目すべき事項といえる。その中で、現在顕著な動向が「エキスパートの流動化、派遣社員化」だという。エンジニア、クリエイターではもう当然の選択肢の1つだが、米国ではそれがマーケターにも派生しているそうだ。マーケターとしての経験を持ち、現在は米国のマーケティング専門人材エージェンシーエイクエントに勤務するトレイシー・シンクレアさんにお話をうかがった。

――米国では、マーケターが1社に正社員として留まるより、プロジェクト単位で働くことを選択する傾向にあるということですが、いつごろからそのような傾向が生じてきたのでしょうか。

日本に比べて人材が流動的といわれる米国でも、8年前、私がマーケティングをはじめた頃は、企業も就業者側も「プロジェクト単位で働く」という考え方は一部の業種を除いてほとんどありませんでした。まず企業側に「派遣社員は正社員になれない半端な人材だ」という既成概念がありましたし、就業者側もそうした企業側の評価を受けることに抵抗感を感じていました。しかし、ここ1年くらいで急速に、エキスパートがプロジェクト単位の働き方を選択するようになっています。デザイナーをはじめとするクリエイターがそうした働き方を選ぶのはもちろん、最近では派遣マーケターの需要が高まりつつあります。

――そうした状況が起きつつある背景や理由について教えてください。

ポジティブとネガティブの2つの理由があるでしょうね。ポジティブな理由としては、グローバル化やIT化によって、ビジネスの速度が増していることが上げられるます。そのスピードに対応するために、新しい価値観や情報を持ち、即戦力となりうる人材を外部から調達してこようという考えるようになったことです。ネガティブな理由としては、リーマンショック以降の景気の低迷で、社内に人材を抱えておける余力がなくなってきたからとも推察できるでしょう。就業側はすぐにリストラする企業に忠誠心を持っていませんし、企業も社員に期待していません。

――時代の流れとはいえ、派遣マーケターについては、企業側も就業者側もまだまだ感覚的な抵抗感は大きいのではないでしょうか。

そうですね。マーケターを派遣する当社エイクエントの活動においても、まずクライアントと就業者、それぞれに対して派遣のメリットを伝えて啓蒙することが必要でした。たとえば、派遣人材の強みとして、さまざまなプロジェクトをさまざまな企業で経験しているということが上げられます。1つの企業で同じ仕事をし続けていると、どうしても同じスキルばかり使うようになり、考え方も偏ってくる傾向があります。事実、私も前職で同じ商品ばかりを担当させられた経験があり、なかなかスキルアップできず悩んだことがあります。

そもそもマーケティングの仕事には、トレンドと連動したスピーディな対応が求められます。そうなれば、引き出しの多い人間の方がいい。さまざまなプロジェクトで得た多彩な経験やバックグラウンドが、ダイレクトに成果につながる可能性があるからです。たとえば、化粧品メーカーでの経験を持つマーケターが食品メーカーで働くことになったら、よりいっそう斬新な発想が得られると思いませんか。このようにお話しすると、企業も就業者も納得されますね。事例が増えるほど、心理的な障壁は減っていくと信じています。(次ページへ続く)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Webマーケターのキャリア設計連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

CAREERzine編集部(キャリアジンヘンシュウブ)

プログラマやウェブマーケターなど、IT&ウェブ業界でのキャリア構築を支援する無料ウェブマガジンCAREERzineの編集部。出版社の歴史と信頼、ウェブマガジン編集部のフットワークと情報力を活かして、読者の皆さんのよりよいキャリア構築をお手伝いします。 

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2010/12/21 11:56 https://markezine.jp/article/detail/12871

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ

イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング