SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

おすすめのイベント

おすすめの講座

おすすめのウェビナー

マーケティングは“経営ごと” に。業界キーパーソンへの独自取材、注目テーマやトレンドを解説する特集など、オリジナルの最新マーケティング情報を毎月お届け。

定期誌「MarkeZine」

第80号(2022年8月号)
特集「ターゲティングが嫌われる時代のシン・ターゲティング」

定期誌購読者なら
誌面がウェブでも読めます

MarkeZineニュース

マスチューン、「みんなの株式」ほか3サイトのウェブ解析に「RTmetrics」を採用

 今回、パケットキャプチャ型のウェブ解析ソフトウェア「RTmetrics」を導入したのは、「みんなの株式」「みんなの株式 mobile」「みんかぶシストレ」「みんなの株式 マネー講座」の4サイト。

 マスチューンではこれまで、Javaスクリプトによるウェブビーコン型のアクセス解析ASPを利用していたが、閲覧時のページレンダリングに影響しないようにJavaスクリプトの設置場所を検討したり、従来のプログラムコードへの修正作業が運用上の負荷となっていた。RTmetrics導入後は、ウェブサイトに配置するプログラムコードが不要となり、アクセスが集中する時間帯では、ページロードのレスポンスタイムがコンマ数秒も改善された例があるという。

 また、「みんなの株式」は、会員数や銘柄数、投稿数に比例してページ数が増加するURL体系となっているが、RTmetricsのマッピング機能によってURLの異なる複数ページをまとめてマクロ的に動向を把握したり、任意期間でのサイト解析機能によって、特定ページのPV数の時系列解析が一括で実行可能となっている。

 マスチューンでは今後、アクセス解析結果をHTTPリクエストで取得できるAPIを利用して、「アクセス数の多い銘柄」をサイト上に表示するなど、情報提供をさらに充実させていくとしている。 

【関連記事】
100ドメインのサイトを運営するベネッセの悩みとは?RTmetrics導入事例
BIGLOBEとオーリック・システムズ、SaaS型アクセス解析サービスを提供
サイト全体に網を張れ!「RTmetrics」が最新解析用ユーザインタフェース搭載
月間1億PVの「価格.comモバイル」、アクセス解析に「RTmetrics」を導入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
MarkeZineニュース連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

MarkeZine編集部(マーケジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

MarkeZine(マーケジン)
2009/08/19 12:45 https://markezine.jp/article/detail/8093

Special Contents

PR

Job Board

PR

おすすめ


イベント

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング